サーフハットを比較 ドルフィンスルーで脱げにくいおすすめタイプはどれ?

サーフハット比較

夏がもうすぐそこまで近づき、日差しが強くなってきましたね。

昨日午前中にサーフィンしたら、ボクの広いおでこが日焼けしてヒリヒリしています。痛いくらい。

禁酒をして頭頂部に産毛が生えてきたこともあるので、それを大事に育てることも含めてサーフィン時に帽子を被ろうかと思っている今日このごろ。

関連記事:禁酒6ヶ月 髪の毛が生えてきた!

サーフハットのメリット・デメリット

サーフハットのメリット・デメリットを考えてみましたが、こんなところでしょうか。

メリット

  • 紫外線から頭皮と顔を保護
  • 太陽光を遮るので眩しくない
  • 紫外線による目の病気を防ぐ
  • アクシデント時の頭部の保護

デメリット

  • 被っている人が少ないので目立って恥ずかしい
  • ドルフィンスルーのとき邪魔
  • 購入代金が掛かる  

サーフハットのかぶり心地を比較

パタゴニア製のサーフハットは持っていたのですが、ドルフィンスルー時によく脱げるのと、あと古くなってきたので、新たに3つのサーフハット(タバルア製)を購入しました。

これは、妻には内緒。ブログを書くための必要経費。

てっ、サーフィンから帰ってきてから庭に干していたら分かっちゃうよなぁ。ま、いっか。

サーフハット比較

左端がパタゴニア、右3つがタバルアのサーフハット

サーフハットのおすすめはどれ? 検証結果

サーフィンで使うので、ドルフィンスルーのときに脱げにくいのはどれかを、実際にサーフィンして検証してみました。

第一位

野球帽みたいでツバが広いので、波の抵抗をたくさん受けると思ったのですが、実際にドルフィンスルーをしてみると、ツバが上下に動いてうまく波を逃している。

これが一番脱げにくかった。

サイドがメッシュになっているので、水が抜けやすいのかも。
あと、メッシュのおかげで熱がこもらないので涼しい。

第二位

サーフハット

タバルア ウォームサーフハット 4860円

ツバの面積が広いので脱げやすいかと思ったら、そうでもない。
うまく水を逃している。

生地が厚手なので、冬に被ったら温かいかも。

第三位

第三位のタバルア製のサーフハットと形が似ているが、こちらのほうが脱げやすい。なんでだろ。

第四位

ドルフィンスルーのたびに、脱げる。
サーフィンには適していません。

他の3製品のようにアゴの下でとめるストラップがなく、ヒモが付いていて簡単にとめるだけなので、すぐ脱げてしまうようです。

まとめ

野球帽タイプのサーフハットが、ドルフィンスルー時に一番脱げにくい結果になりました。

第四位のサーフハットがツバが狭く、サイドがメッシュになっているので一番優秀だと思ったのですが、実際に使用してみると、一番脱げやすかった。

実際に使ってみないと分からないですね。

サーフィンで使うには、あごの下でとめるストラップは必須です。
これがないとドルフィンスルー時に簡単に脱げてしまいます。 

Pocket

コメントを残す