抗生物質不使用、安心安全なはちみつ販売中

東日本大震災

被害に遭われた皆様へ、心よりのお見舞いを申し上げます。

お亡くなりになられた方々へ、心よりのお悔やみを申し上げます。

また、福島原子力発電所内にて、命懸けの作業をしている方々に深く感謝しています。

 

3月11日地震が起こった時、軽トラを運転していたためか、揺れを感じませんでした。
(家族3人で乗車していました)

夕方、友人が訪ねてきて始めて、大変なことが起こっていると知りました。

今自分が出来ることは何か?
数日間、そのことを考えていました。

鴨川市内の廃校を避難所として利用する方向で検討している、という情報を知りました。
僕も微力ながら、駆けつけようと思います。

原子力発電、反対!

これから自然エネルギー等、環境への負荷の低いエネルギー政策へシフトしていくことを、心から願います。

 

2 Comments

tsuno

おはようございます。館山のtsunoです。
はじめてコメントします。
今回の大震災には私も衝撃を受けました、妻の実家が仙台の隣の名取市なので、安否確認のとれなかった三日間は眠れませんでした。
高台に家が建っていたため、津波はまぬがれたようですがインフラ壊滅。
それよりも、食料、燃料がまるっきり無いようです
こっちに避難してこいと言っても、海が近いし、ラジオで千葉で地震多発って聞いてるから恐いと言います。
被災地の人は、津波と地震にかなり神経質になっているようなので廃校の避難所は、海から離れた高台の立地の場所がいいのかもしれませんね。

返信する
hojin

tsunoさん、コメント有難うございます。
安否の確認が取れて、本当に良かったですね。
でも、インフラ壊滅、物資の不足は心配です。
一刻も早く、解消されなくては。
ブログに書いた廃校は、大山地区にあります。
山のほうになるので、津波の心配はありません。

返信する

コメントを残す