【ミツバチの飼育方法】春の建勢作業 継箱をする(隔王板使用)

養蜂をスタートした数年間は、隔王板を使用して継箱をしていました。
現在は、人工王台をセットするときだけに隔王板を使用しています。

この連載は、家庭養蜂の勧め。
隔王板を使用したほうが、入門編としては適しているのではないかと思い、書いてみます。
今年、1群だけ隔王板をセットしてみました。

単箱に巣枠が8、9枚くらいになって、ミツバチが溢れるくらいになったら継箱をします。
単箱には、無蓋蜂児枠を1,2枚中央に入れて、隙間を巣脾枠で満たします。
巣脾枠が足りない場合は、巣礎枠で代用します。
産卵空間が沢山あるので、分封熱が高まることはないでしょう。

単箱にあったその他の巣枠を全部継箱に上げます。
巣枠の並び順は変えないこと。

継箱の蜂児枠には変性王台が作られますから、内検して取り除きます。
その後、蜂児が出房した後には、蜂蜜が貯えられます。
そして、蜂児がいない全面蜜枠を採蜜します。

養蜂をスタートした最初の年。
隔王板をセットして継箱を乗せた時。
単箱と継箱の間に隙間が出来ているのを見て。
隙間が出来るのは、上手く継箱をセット出来ていないと勘違い。
数分間、継箱を上げたり下げたりを繰り返して、隙間が出来ないようにガタガタやっていました。

すると、ウワーンという音と共に、黒い雲のようなものが巣箱から出てきました。
僕は、その黒い雲に包まれていました。
ミツバチが怒って、大群で襲ってきたのです。
たんぼの畦道をフルスピードで逃走。
両腕で頭のミツバチを追い払いながら、まるで阿波踊りをしているように。
200m先くらいにある雑草の茂みのなかに頭を隠して、しばらくじっとしていました。
顔を7箇所刺されて、身をもって勉強させられました。

Pocket

2 件のコメント

  • いつもブログを楽しみにしております。
    今日継箱群の内検をしたところ、1枚の蜂児枠の蜂が首を出して間もなく出ようとしているところで死んでいました。何が原因でしょうか?
    下段の箱から継箱にあげる時は冷えないように中心に入れていたのですが?
    教えてください。

    • 分かりません。

      それは、何匹くらい死んでいたのですか?
      今は、毎日数百、数千の蜂児が誕生しています。
      その中で、正常に誕生しないものもいるのではないかと思います。

      それが原因で、建勢が進まないというのであれば、問題ですが・・・。

  • コメントを残す