季節の訪れは、自然が教えてくれる

昨日、軽トラを走らせていると、ふわっと金木犀の香りが車の中に飛び込んできました。

「ああ、秋になったんだな」

軽トラを停めて、辺りを見回したのですが、金木犀は見つからず。
金木犀のオレンジ色の花は目立つので、見つからないということは、どこかに隠れて咲いているのでしょう。

その後も、軽トラを走らせていると、忘れた頃にふわっと金木犀の良い香りが。
いい季節です。

季節の訪れは、自然が教えてくれる

東京にいる頃は、テレビから流れる季節の話題や、カレンダーを見ることで季節の移り変わりを感じていたものでした。

でも、東京から鴨川へ移住してからは、自然をより身近に感じることが多くなりました。

特に今は、里山で仕事をしているので自然の移り変わりを、肌で感じることができます。

季節の移り変わりを感じる出来事

自然は、突然に季節の訪れをボクに教えてくれます。

具体的に挙げてみると、


  • ウグイスの鳴き声
  • 初夏
    ホトトギスの鳴き声

  • ヒグラシの鳴き声
  • 晩夏
    ツクツクボウシの鳴き声

  • 金木犀の香り

  • 砂浜に群がるウミネコ

金木犀の思い出

金木犀の香りを嗅ぐと、中学校の運動会を思い出します。

「金木犀の花を体操着につけて走ると、足が速くなるんだぜ」

仲の良かった友達が言った、そんな言葉を思い出しました。

そんなことある訳ないのですが、中学生の頃はそんなことも面白がったりしたものです。

Pocket

コメントを残す