2018年産はちみつ販売中

よこはまコスモワールド 世界初、お化け屋敷は怖さを選べる

よこはまコスモワールド

娘がお化け屋敷に行ってみたいというので、鴨川から行けるお化け屋敷をググってみました。

すると、次の4つがヒット。

  • よみうりランド
  • 豊島園
  • 富士急ハイランド
  • よこはまコスモワールド

どこに行こうか?

富士急ハイランドのお化け屋敷は、ものすごく怖そうなのでパス
お化け屋敷初体験の娘には、ちょっとハードルが高い。あと鴨川から遠い。

よみうりランドとよこはまコスモワールド、どちらにするか迷ったのですが、近いということでよこはまコスモワールドへ行くことにしました。

鴨川から横浜へ

当日は、台風一過の快晴。
風がまだまだ強いですが、なかなかのお出かけ日和でした。

鴨川の自宅からはアクアライン経由で、1時間半くらいで到着。結構近かった。

車は有料駐車場へ停める

よこはまコスモワールドには、併設された駐車場がないので付近の有料駐車場に車を停めなければなりません。

なんと、予め調べていた有料駐車場は、工事のため駐車できない。
土地勘の無いところで車でグルグル回りながら探すのはイヤなので、すぐ近くの別の駐車場へ車を停めました。

こちらの駐車場は、1日最大利用料金2500円。
前もって調べていたところは、1日最大利用料金1500円。
1000円も高い、参ったなー。

横浜ワールドポーターズで時間つぶし

横浜ワールドポーターズ

横浜ワールドポーターズ1Fのフードコート

よこはまコスモワールドの開演時間は、午前11時。

開園まで30分ほどあるので、目の前にある横浜ワールドポーターズに行って時間を潰すことにしました。

向かった先は、2Fにあるキャラクターグッズのお店。

娘が欲しいというぬいぐるみを購入、2000円なり。
ちっちゃいのに、高っ。予想外の出費。

1Fには、美味しそうなお店がずらりと並んでいたので、お昼ごはんはココに来て食べようと皆で頷く。

よこはまコスモワールドに入園

よこはまコスモワールド

ワールドポーターズから見た、よこはまコスモワールド

午前11時過ぎに、よこはまコスモワールドに入園。

ここは、入園料が無料でアトラクションを利用するたびに料金が掛かるシステムです。

入園料が無料というのは、嬉しい。
だから、出入りは自由に出来ます。これは、便利。

お化け屋敷へ入る

よこはまコスモワールドのお化け屋敷

お化け屋敷の入り口外にあるお化け

まずはお目当ての、お化け屋敷へ。

このお化け屋敷は、怖さが三段階あり、怖さを選べる。
なんと、世界初だとか。

よこはまコスモワールドのお化け屋敷

お化け屋敷の怖さを選べます

ボクは、一番怖い「怖さ、たま三つ」が良かったのですが、妻と娘は「絶対ダメ、たま一つの怖さひかえめがイイ」とゆずらない。

しょうがないので、怖さひかえめにすることにしました。

こちらのお化け屋敷は、歩いて回るのではなく、トロッコ列車みたいのに乗って行くタイプ。
ボクが前に乗って、妻と娘は後ろの席に乗車しました。

よこはまコスモワールドのお化け屋敷

このトロッコ列車みたいのに乗っていきます

よこはまコスモワールドのお化け屋敷

よこはまコスモワールドのお化け屋敷

よこはまコスモワールドのお化け屋敷

約5,6分で終点に到着。

全然、怖くない。

ボク「全然怖くなかったねー」

妻・娘「うそー、めっちゃ怖かったよー」

ボクは全然怖く無かったのですが、妻と娘は怖くて途中で目をつぶってしまったところもあるとか。ホントかよ。

えー、君たちの怖さに対するレベルが低すぎるのが、ボクは怖いよ。

よこはまコスモワールドの観覧車に乗る

次は、観覧車を乗ることに。

高所恐怖症の妻は、お留守番。

よこはまコスモワールド

観覧車乗り場には、行列が出来ていました。人気ですね。

10分ほど待ってから、観覧車に乗車。

ホントは、観覧車に乗りたくないんだよなぁ。
子供の頃は好きだったんだけど、大人になってからは急に高いところが怖くなってしまった。

前回、別の場所で観覧車に乗ったときに、娘が観覧車を揺らして本当に怖い思いをしたので、「今日は、絶対揺らしちゃダメだよ」と娘に念を押す。

背もたれに寄りかかると怖いので、気を付けの姿勢で体を硬くしながら「もうしょうがない、あとはなるようになれ」と諦めて、あとは早く時間を過ぎるのを祈っていたのでした。

観覧車が少しずつ高くなるに連れて、周りのものが視界に入ってくる。

横浜ランドマークタワー、赤レンガ倉庫、遊園地のアトラクション・・・。

ロボットのようにぎこちなく首を動かして、恐る恐る下の方を見ると、車はマッチ箱、人はありんこのようだ。

横浜ランドマークタワー

赤レンガ倉庫

遊園地と運河

次第にボクの手のひらと足の裏からは、汗がじわっと出てくる。

娘に目をやると、心なしかぎこちなくて、口数も少ない。

「この観覧車、怖い」と娘。

前回乗った時は、立って席を移動したり、揺らしたりしていたのですが、今回はじっとしている。

娘「手が汗でぐっちょり」

娘の手を触ってみると、汗でジトッとしている。

そうか、そうか、だからさっきから大人しかったんだね。

その後、父娘2人して緊張しながら終点を待ったのでした。

あー、怖かった。

よこはまコスモワールド内の軽食コーナーで昼食を食べる

お腹が空いてきたので、朝立ち寄った横浜ワールドポーターズに行って昼食を食べようと思ったのですが、娘は人が食べているフライドポテトを見て、「ここで食べたい」と言うので、仕方なく遊園地内の軽食コーナーで食べることにします。

ボクが食べたたぬきそば、フライドポテト、両方ともマズイ。

他の食べ物は分かりませんが、遊園地内で食べるのはおすすめしません。

よこはまコスモワールド

ミラーアドベンチャー

赤レンガ倉庫

赤レンガ倉庫の前でパン屋が出店しているイベントがあったので、遊園地を早めに切り上げて、そちらに移動しました。

よこはまコスモワールドからは、徒歩で10分くらい。
日差しがジリジリと強く、暑かった。

赤レンガ倉庫

赤レンガ倉庫

パンのフェス2017秋

赤レンガ倉庫

パンのフェス

パンのフェス会場に入るには、なんと入場料が掛かるという。
1人、300円。3人で900円だ。

中を見渡すと、人気がありそうな店には行列が出来ている。

わざわざ入場料を払ってまで入るようなこともないなー、ということで入場はパス。

また、フェス会場内にはトイレも無いので、トイレに行くには会場を出て赤レンガ内のトイレに行かなくてはいけない。

で、ここで問題なのがフェス会場には再入場不可なのだ。

なんか、客をバカにしているなぁ。

そんなこともあり、なんか白けてフェス会場には入らないのでありました。

まとめ

都会は金が掛るなー。

何をするにしても、お金が掛かる。

もうココには、来ないかな。たぶん。

その点、鴨川はイイ。

駐車場はタダだし、海、山でお金を掛けずに子供と遊べる。

コメントを残す