「10倍早く書ける 超スピード文章術」上坂徹著

なになに文章が「10倍早く書ける」だって!

タイトルに惹かれて、衝動買い。

ボクは、ブログを書くのが遅い。
もう少し早く文章が書きたいと、日頃から思っていました。

その日起きたことをつらつらと書く日記風ブログなら、10分、20分でスラスラと書けるのだけど。

でも、日記風ではないものは5時間も6時間も掛かってしまう。

よし、これを読んで少しでも文章を早く書けるようになればいいな。

「10倍早く書ける 超スピード文章術」上坂徹著

著者の上坂徹さんの職業は、ブックライター。
ブックライターとは、著者本人に代わって本を書く人のことです。

上坂さんは、1冊10万字前後のビジネス書を、平均4,5日で書き上げるそうです。めちゃ、早い。

そんな上坂さんですが、もともとは文章を書くのが大の苦手だったのです。

それが今では、4,5日で本を1冊書き上げる。
いったい、どんな秘訣があるのでしょうか。

文章を書くスピードを格段に速くするたった1つの秘訣は、「素材」を意識すること

文章は「どう書くか」より「何を書くか」が重要。

大切なのは、文章の「表現」ではなく、文章の「中身」。
小説家のように、美しい文章を書く必要はありません。

文章の中身とは、つまり「素材」のことなんです。

文章の素材は、「独自の事実」、「エピソード」、「数字」の3つのことです。

これらの素材があれば、文章は速く書けるのです。

逆に言えば、素材が無いと文章は書けない。

文章を書き始める前に、素材を集めることに力を注がなければいけないのです。

その他にも、

  • 「起承転結」は気にしなくていい
  • 「正しい文法」は気にしなくていい
  • 「長い文章」と「短い文章」の違いは素材の量の差だけ
  • 知人の中の1人に向けて書く
  • 書く理由をはっきりさせる
  • しゃべるように書くと伝わる

等々と「フムフム、なるほど」とタメになる文章術が書かれています。

実践編もあります

実践編として、「800字」、「2000字」、「5000字」と文章量別に実際に書いた記事を取り上げて、文章の書き方を指南してくれます。
これも参考になりますよ。

まとめ

文章を書く前に、まず素材集めに力を注げ。

これにつきますね。

Kindleで本を持ち歩こう

Kindleがあれば、どこででも読書が出来ます。

スキマ時間に読書をすることで、読書量が増えました。

プライム会員は、クーポンコードで4,000円割引きで購入できます。

Pocket

2 件のコメント

  • 蜂人さん、編集担当の今野と申します。ご高覧いただき、嬉しいです。蜂人さんの日々の書き物に少しでもお役立ていただけることを切に願っております。ご紹介いただき、ありがとうございます。

    • 今野さん
      コメント有難うございます。

      大変参考になりました。
      何度も読み返して、少しでも速く文章が書けるようになりたいと思います。

  • コメントを残す