キッズミュージカル トゥルーカラーズ第8回公演 見に行ってきました

妻のともだちと娘のともだちが出演するというので、ミュージカルを去年に引き続き見に行ってきました。

公演場所は、館山にある南総文化ホール。

会場内には、60代70代と思われるジジババたちの姿が多い。

孫の晴れ姿を見に来ていたのでしょう。

キッズミュージカル トゥルーカラーズ第8回公演

劇団トゥルーカラーズが公演する今回の演目は、「この歌が届くころ」というキッズを中心としたミュージカルです。

トゥルーカラーズとは、館山在住で劇団四季で活躍したご夫婦が主催する劇団。

今回の公演で8回目ということです。

あらすじは

さて、「この歌が届くころ」のあらすじはというと、

とある小さな町で、クリスマスコンサートに向けて歌やダンスの練習にはげむ町の人達。

中心人物は、小学生のミライ、ナナ、ミズキ、サキ。

そして、練習中に突然の乱入者が現れます。

その突然の乱入者とは「白雪姫と7人の小人たち」と「シンデレラ」。

乱入者の目的とは?
サンタは本当にいるの?

そして、小学生サキの本当にほしいプレゼントとは?

と、こんな感じの内容です。

年少・年長さんがカワイイ

年少、年長さんが舞台に現れると、会場のあちらこちらから「カワイイわねー」と感嘆の声。

たしかに、小さな子どもたちは、その場にいるだけでこちらの心を暖かくしてくれるなぁ。

白雪姫はなんと中学生

そして、突然の乱入者の白雪姫

歌は上手だし、スタイルは良いし、さすがプロは違うなーと思っていました。

このミュージカル、素人が大半なんですが、プロも何人か出演してピリッと脇を締めているのです。

だからてっきり、白雪姫はプロの方だと思ったんですねー。

家に帰り、ブログを書くためにパンフレットの配役を見てビックリ。

白雪姫役は、中学1年生の女の子。

なんと、素人の子だったんです。

堂々としていて、上手だったなー。
将来が楽しみ。

まとめ

素人劇団の発表会という感じのミュージカルでしたが、小さな子どもたちが一生懸命に演じている姿は、見ていて楽しかった。

劇団四季のミュージカルを何度か見たことがあるのですが、それと比べるのは酷ですよね。

ジジババ、親目線で見ないと楽しめないかも・・・。有料だし。

トゥルーカラーズ

トゥルーカラーズは、仲間を募集しているようですよ。

 

Pocket

コメントを残す