抗生物質不使用、安心安全なはちみつ販売中

アマゾンエコーでキンドル本の読み上げが可能になった

アマゾンエコーでキンドル本の読み上げが可能になりました!

アレクサアプリにkindleが追加されている

以前は、本の欄は空欄だったんですが、いまはkindleと表示されています。

ついにkindle本の読み上げも対応になったんですね。

kindleをクリックすると、自分のkindleライブラリーが表示されます。

ここには、自分が購入した本やKindle Unlimitedでレンタルしている本が表示されます。

アマゾンエコーで読み上げたい本をクリックすると、アレクサが読み上げてくれます。

では、「強火をやめると、誰でも料理がうまくなる!」をクリック。

アレクサが、本を読み上げてくれます。

再生リストをクリックすると、章が表示されるので別の章への移動も可能です。

アレクサアプリじゃなくても、口頭でも可能

アレクサアプリを使わなくても、口で命令しても本を読み上げてくれます。

「アレクサ、本を読んで」と命令すると、キンドルライブラリの1番最初にある本を読んでくれます。

「アレクサ、『手塚先生のマンガの描き方』を読んで」と本のタイトルを命令しても、キンドルライブラリに登録されていれば読んでくれます。

読み上げはイマイチ

いつものアレクサの女性の声で本を読んでくれるのですが、棒読みで読み上げはイマイチです。

これからの技術向上に期待したいところです。

あ、アマゾンのaudibleはいらなくなるかも。

ふとんに入ってから、本の朗読を楽しむのもアリだな。

「アレクサ、1時間でスリープタイマーセットして」と命令すれば、1時間後に朗読が終わる。

その前に朗読を終えたければ、「アレクサ、おやすみ」と言えば、「おやすみなさい」とアレクサは朗読をストップしてくれます。

青空文庫に名作がいっぱいあるから、それらを朗読してもらうのもいいなぁ。

なんだか、楽しみが増えた。うれしい。

コメントを残す