抗生物質不使用、安心安全なはちみつ販売中

一眼レフカメラからスマホへデータ転送 無線LAN機能付きSDカードが便利

最近、ツイッターに南房総市和田の波情報を投稿しているのですが、スマホのカメラだとあまりキレイに写らないんですよね。

特に、なるべく大きく写そうとズームして写真を撮ると、写真のアラが目立ってしまう。

それで、一眼レフカメラで写真を撮って家のパソコンに取り込んでから、その写真を加工してツイッターに投稿していました。

でも、それってとても面倒。

できることなら、波をチェックしたその場でツイッターに投稿したい。

調べてみたら、カメラから無線でスマホにデータを転送できる無線LAN機能付きのSDカードがあるらしい。

それなら、その場でスマホからツイッターに投稿できる。これは、便利ですね。

東芝FlashAir16GBを購入

早速、アマゾンで無線LAN機能付きの商品を検索。

どれを選んだら良いかよく分からないのですが、ブランド買いということで東芝のものを買うことにしました。

まあ、東芝なら信頼できるでしょう。

ボクが買ったのは、16GBの容量のある以下の商品です。

設定方法

無線LAN機能を使えるようにする設定方法は簡単です。

FlashAirというアプリをスマホへインストールして設定すれば、SDカードからスマホへ写真データを転送できます。

スマホと一眼レフ望遠レンズでの比較写真

スマホのカメラで撮ると、こんな感じの写真。
波に乗っている人が小さいですねー。

スマホで撮影

一眼レフの望遠レンズで撮ると、こんなに大きく、しかもキレイに撮れます。

一眼レフの望遠レンズで撮影

一眼レフの望遠レンズで撮影

まとめ

無線LAN機能付きのSDカードを利用するようになって、海で波チェックしたその場で、キレイで迫力ある写真をツイッターに投稿できるようになりました。

技術はどんどん進歩しているので、便利なものはどんどん取り入れていくのも必要ですね。

 

コメントを残す