抗生物質不使用、安心安全なはちみつ販売中

糖質制限を始めてみる

2019年4月から糖質制限を始めることにした。

糖質制限を始めたわけは、母の血糖値が思うように下がらないので、糖質の摂取を減らして血糖値の上昇をおさえようというわけ。

ボクのダイエットのためではない。

従来の糖尿病患者向けのカロリー制限食では血糖値が高くなる

母は、糖尿病の合併症のために右目が見えなくなった。2018年3月のことである。

それで、東京で1人暮らしをしていた母をこちらに呼び寄せ、医者の指導の元、糖尿病患者向けのカロリー制限をこの1年続けてきた。

いちいち食べ物の重さを図り、料理していた。ちょー、めんどくさい。

そのかいもあってか、最初は血糖値が下がり、血糖値のコントロールは順調に推移していった。

だが、だんだんと血糖値のコントロールが難しくなり、血糖値が300を超えるときもあるようになってきた。

2019年4月、ついに恐れていることが起きてしまった。

こんどは視力が残っている大事な左目が見えなくなったのだ。

慌てて、かかりつけの病院に駆け込んだ。

診断は、眼底出血による視力低下。

糖質制限を始める

なんとかしなければ、このままではどんどん悪くなる一方だ。

そんなときに、読んだのが江部康二先生の「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」という本。

ボクは、夢中になって一気に読んだ。

(これは、本物だ)

そう、確信した。

簡単にいうと、食事で炭水化物の量を減らすということ。

血糖値を上げるのは、糖質だけなのだ。

だから、糖質を多く含む炭水化物の摂取量を減らすことで、血糖値を上げないようにするのだ。

ボクも糖質制限をゆるゆると始める

母だけ糖質制限をしたのでは体の変化や調子を理解できないので、ボクも一緒に糖質制限をすることにしたのだ。

でも、母のように厳格なものではなく、ゆるく。

母は、1日3食とも炭水化物を制限するスーパー糖質制限というもの。

ボクは、昼はご飯を食べるようにしている。

その他の糖質制限に関する本を読んで見る

また、糖質制限を始めるに当たり、その他の糖質制限に関する本を読んでみた。

読んだのは以下の本。

主食を抜けば糖尿病は良くなる!2 実践編

炭水化物が人類を滅ぼす

高雄病院の糖質制限作りおき

医者が教える食事術 最強の教科書

ケトン体が人類を救う~糖質制限でなぜ健康になるのか~

男・50代からの糖質制限: ストーリーで学べる最強の食事法 

内臓脂肪がストンと落ちる食事術

「糖質過剰」症候群~あらゆる病に共通する原因~ (光文社新書)

食品別糖質量ハンドブック

30分で3品完成! 作りおき糖質オフおかず210

血糖値がストンと落ちた

糖質制限をしたその日から、なかなか落ちなかった母の血糖値がストンと下がった。

食後300くらいあった血糖値が、食後でも120くらいなのだ。

これには、びっくりした。

つまり、血糖値を上げる糖質を食べないから、血糖値が上がらないわけなんですね。

コメントを残す