奥様はチャネラー 3

チャネリングの方法は大きく分けて2つあります。
ガイドからの声を聞いて、それを伝える方法。
もう一つは、ガイドがチャネラーの体を借りて、質問者と直接対話をする方法。

妻は、後者のほう。
直接ガイドと対話するので、ダイレクトヴォイスというらしい。

私 「ガイドと対話しているときは、口調や声が変わるけど、あなたの意識はあるの?」

妻 「半分くらいは意識があるわ。ガイドが私の体を借りて、言葉が勝手に出てくるの。初めてのときは、びっくりして怖くなったわ。」

私 「さっき僕が対話した人。人って言ったらおかしいかな。その人には、名前はあるの?」

妻 「エクトンという名前よ。」

私 「ふーん、エクトンという名前なんだ。」

エクトンとは、肉体を持たない宇宙エネルギー体。思いやりに満ちた愛のあるエネルギーでセッションを行うそうです。

私 「家で飼っていた猫のミーチャンが死んだ後、ミーチャンがこう言っているって話していたよね。もしかして死んでいる人ともコンタクト出来るの?」

妻 「・・・・・、怖いこと言わないでよ、もう」

(たぶん、死んだ人ともコンタクト出来るんだ。妻は嘘を言わない。
答えたくないときは、答えをはぐらかす。)

 私 「バシャールって結構有名だよね。少し前に何冊か読んだことがある。バシャールともコンタクト出来るの?」

妻 「うん、前にコンタクトしたけど、私には合わないみたい。何か威圧的な感じを受けたから。エクトンは愛のある思いやりに満ちた感じがするのよ。」

Pocket

コメントを残す