SUPフィッシング キスのエサ釣り

SUPでキス釣りに行って来ました。

今日は、ルアーでは無くエサ釣り。
エサのほうが確実に釣れるかなと思ったので・・・。

朝3時半から開いている江見の釣具屋へ。
「キスを釣りたいのですが、エサは何がいいですか?」
「ジャリメだね。」
「これで(SUPを指差して)沖に行って釣るんですよ。」
「おっ、いいねー。」
ジャリメ550円なりを持って、いざ。

SUPで漕ぎ出すと、思いのほかうねりが高い。
うねりが高い中、川が流れ込んでいるところの沖に到着。
100mくらい先には、波待ちしているサーファーもいます。

SUP上で釣りの準備をしていると、何だか気持ち悪くなってきました。
船酔いだー。

20150524-DSCF102101

エサを針に付けようとするのだが、エサがヌルヌル滑ってうまく刺せない。
砂浜で投げ釣りをするときは、石灰などの滑り止めや砂などで大丈夫だけど、水の上では苦労しました。

やっとエサを付けて第一投。
ズリズリと海底で錘を引きづりながらリールを巻く。
何も釣れない。

エサが無くなっていたので、次のエサを付けようとしたら、針がウエットスーツに引っかかってしまう。
うー、参ったなー。

やっと外れたと思ったら、船酔いが激しくなってきた。
雨もポツポツ降ってきた。
「もう帰ろう」

今日は、一投だけ。
まあ、こんな日もあるさ。

【今日分かった事】

うねりの高いときは、エサ釣りは適さない。
手元を見る作業が多いと、船酔いする。

アンカーが必要。

ロッドホルダーが前にあると、パドルを漕ぐときに当たってしまう。

Pocket

コメントを残す