抗生物質不使用、安心安全なはちみつ販売中

サーフィン三昧の生活は3ヶ月で飽きました、仕事をしっかりやってからのサーフィンのほうが楽しい

20150605-IMG_019102午後3時
サイズ:ヒザ・コシ

今朝は、初夏採れ蜜の採蜜。
午前中に採蜜を終えて、お昼を食べ、昼寝をしてからサーフィンへ。

しっかり仕事をしてからのサーフィンは楽しいなー。

10代にサーフィンを始めてから、いつかは毎日サーフィン三昧の生活をしたいと思っていました。

毎日、毎日、大好きなサーフィンをする。
いつかは、そんな夢のような日々を送りたいなーと思っていました。
東京にいる頃は週末だけのサーフィンだけれど、毎日サーフィンすればもっと上達するだろうなんて思っていました。

養蜂の仕事を始めた40歳のとき。
今までしていたコンピュータソフト開発の仕事は一切止めて、養蜂に専念することを決意。

最初に購入したミツバチは3群。
内検は1時間くらいで終わってしまう。
内検は、1週間に1回くらいすれば良いんですけど。
でもミツバチの生態を観察するために2,3、日毎にやっていました。

図らずも、毎日サーフィン出来る環境になりました。
毎日、毎日、サーフィンするために海に車を走らせました。
(その当時は、大山地区という海まで30分くらいの所に住んでいました)

午前中サーフィンして家に帰り、ビールを飲みながらお昼ご飯。
そして、昼寝。
波があれば、夕方サーフィン。

最高!
毎日が楽しくて仕方がありません。
今までの仕事で貯えはあるので、経済的に何も心配は無い。

これからの仕事の心配も無い。
養蜂をやると決めたので、後はがむしゃらにやるだけです。
将来の心配もありません。
(その時点では、養蜂がうまく行く保障は何もないけれど)

そんなパライダイスのような生活も3ヶ月を過ぎると・・・。

飽きてきました。(笑)

あまり仕事もしないで、毎日、毎日、サーフィン三昧の日々に飽きて来ました。
やっぱりちゃんと仕事をしてから遊ぶほうが、全然楽しく充実する。

いつでもサーフィン出来る環境にいると、だんだん有り難味が薄れてくるみたいです。
それって、その他のことにも当てはまるんじゃないかな。
例えば、美人は3日で飽きるとか。(でも1度は飽きてみたい、笑)

アワビを食べるのも少し飽きてきたなぁ。
家族も最初は美味しい、美味しいと食べてくれたのですが、最近は飽きてきたみたい。

今日、朝早くから採蜜。
少し体は疲れているけれどもサーフィンに行き、波を待っているときにそんなことを思い出しました。

2 Comments

ぼんた二世

同感です。プロを目指すわけでもなくて海に毎日入っていれば飽きます。若い時は、そういう時期もあったけど今の主体は仕事ですね。

返信する
蜂人

ぽんた二世さん、コメントありがとうございます。

ホントそうですね。
サーフィンに限らず、対象が当たり前になると、有り難みが薄れ飽きてきますね。

返信する

コメントを残す