【ミツバチの飼育方法】ミツバチの合同方法

ミツバチを飼育していく上で、合同が必要になる機会は、よくあるものです。

・蜂王がいなくなってしまった。
・蜂王が無性卵を産む。
・群勢を平均化したい。
等々。

蜂群の合同方法

燻煙器合同法

燻煙器でけむりを吹きかけて、合同します。
文字通り、煙に巻いてしまいます。
これは流蜜期でミツバチ達の機嫌の良い時が適しています。

新聞紙合同法

一番確実な合同方法です。

単箱の上に新聞紙を乗せて、継箱を重ねて合同します。
20150628-DSCF110801
単箱には蜂王がいる群、継箱には無王群を入れます。
20150628-DSCF111201
新聞紙にキズを作り穴を空けておくのがポイントです。

日本酒合同法

流蜜期以外で、巣枠を数枚違う群に合同するときに適しています。
流蜜期でミツバチ達の機嫌が良いときは、何もしないでも合同出来るのですが、それ以外の時は日本酒合同が良いです。
霧吹き器に日本酒を入れて、元群、合同する巣脾に日本酒を吹き付けます。
合同する巣脾は、外側に入れるようにします。

時間が無いので、後日追記します。笑

Pocket

コメントを残す