【ミツバチの飼育方法】採蜜方法

春、ミツバチがどんどん増えて来て、野山の花々も次々に開花。
掃除採蜜が終わって、蜂蜜がどんどん貯まってきます。

蜜枠の上部三分の一蓋掛けが、採蜜の合図

Exif_JPEG_PICTURE

蜜枠上部が三分の一くらい蓋掛けされたら、採蜜しましょう。
春の採蜜でしたら、糖度は十分です。

20140716-IMG_370601

夏は、糖度が低い傾向があるので、上図のように前面が蓋掛けされてからのほうが良いです。

蜜枠を取り出し、ミツバチを払います

20140729-IMG_393901

巣門前に新聞紙を広げて、そこにミツバチを落とします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

巣枠を持って、上下に2,3回強く振り、ミツバチを振り落とします。
その時に、女王蜂がいないかどうか確認。
もしも女王蜂がいるようであれば、女王蜂を優しく下の採蜜しない巣枠に移動させます。移動といっても、指でポイッと下に落とすだけです。

女王蜂が高い位置から振り落とされた場合、まれに腹部を損傷する場合があるのです。それを防ぐため。

蜂人舎での実際の作業では、丹念に女王蜂を探すことはしていません。両面をパッパと見て、居ないようであれば振り払っています。慣れてくると、女王蜂がいるとすぐに分かるようになります。

趣味の養蜂であれば、念入りに女王蜂の確認をしたほうが良いです。専業養蜂家は、それよりも効率を重視です。そうしないと、時間が掛かってしまいますので。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

振り落とされずに残ったミツバチを蜂ブラシで優しく払います。
蜂ブラシは、1行のほうが良いと思います。2行ですと、ミツバチがブラシに絡まりやすくなるようです。

蜜蓋を切ります

20060716-2006-07-16 07-55-49_025701

蜜蓋は、下から上へ切っていくと切り易いです。

蜜枠

蜜蓋を切り取った状態の巣枠

今までに、両刃の特性蜜刃、日本式蜜刃を購入して使用したのですが、使用感はイマイチ。一番使いやすいものは、刺身包丁でした。

一番初めに奮発して、業者の養蜂資材カタログで一番高い特性蜜刃(2015年で11000円)を買ったのですが、これが使いづらい。私は使いこなすことが出来ませんでした。

その後たどりついたのが、刺身包丁。これはお勧めです。

刺身包丁

刺身包丁

ホームセンターで2,3千円くらいの値段。
専用の道具よりも安くて使いやすいです。

20150909-IMG_151501熱湯が入った水筒

1リットルの水筒に熱湯を入れて、刺身包丁を2本刺しておきます。2本の包丁を交互に使うのです。これで包丁がアツアツで、蜜蓋もきれいに切ることが出来ます。1リットルの水筒を2本用意。1本目の水筒のお湯がぬるくなったら2本目に交換すれば、半日十分に持ちます。

現在は、電源式の蜜刃を使用しています。カーバッテリーに繋いで刃を熱して使います。趣味の養蜂であれば、水筒で十分でしょう。

遠心分離機に蜜枠をセット

20060716-2006-07-16 08-06-40_027401蜜枠を入れた遠心分離機

蜜蓋を除いた蜜枠を、遠心分離機にセットします。
最初はゆっくりと、がたつきが無いようであれば、回転数を上げて行きます。

がたつきがある場合は、何か原因があります。遠心分離機の巣枠フォルダーにちゃんとセットされていなかったり、遠心分離機にセットした巣枠数のバランスが悪かったりします。その場合は、一度回転を止めて原因を探して解消しましょう。

蜂蜜を保存容器に移します

遠心分離機の底に蜂蜜が貯まってきたら、下のコックを開けて蜂蜜を保存容器に移しましょう。

9枚掛分離機用蜜こし器

9枚掛分離機用蜜こし器

蜜こし器には、ナイロン製のメッシュ状の布を掛けて置くと、後の掃除が楽です。蜜こし器に巣くずが付かないので、布だけを洗えば良いです。蜜こし器に巣くずが入り込むと、掃除が大変なのです。

このナイロン製のメッシュ状の布は、オーガンジーという名称で洋裁店に売っています。1mで500円くらい。蜂蜜充填タンクに蜂蜜を入れるときも、充填タンクに布を掛けて、蜂蜜を入れます。この布は、必需品ですね。

採蜜した後の巣枠は・・・

採蜜した後の巣枠は、同じ蜂群に返しましょう。
病気の蔓延を防ぐためです。病気に汚染された巣枠で健全群が感染されないように。

遠心分離機が9枚掛けなので、2、3群の蜜枠を一度に廻す事があります。

画鋲などを利用して、蜂群ごとの巣枠を区別しましょう。

夏の最後の採蜜後は、空巣は他の群にまとめて預けるようにします。

そして、10月ころに冷凍処理して倉庫に保管し、春になったら取り出して、また使用します。

Pocket

3 件のコメント

  • 蜂人舎様

    はじめまして。
    大学で養蜂を行っている者です。
    記事を拝見させていただき、とても参考になりました。いくつか質問がございます。

    採蜜後、巣枠をどうすべきかわからず、残りの巣や蜂蜜がついた状態で袋に入れて保管していました。

    巣枠を再利用したいのですが、さすがに、放置していたものは巣箱に戻せないと思いますので、綺麗に洗ってから巣礎をはれば問題ないでしょうか。
    また、今後採蜜後は巣枠を巣箱に戻すとして、それはまた蜂たちが蜜を貯めるようになるのでしょうか。

    長くなりましたが、お時間ありましたらご意見いただきたく思います。
    よろしくお願いいたします。

    環境みつばちプロジェクト

    • 環境みつばちプロジェクトさん
      はじめまして。

      採蜜後、巣脾はミツバチの巣箱に戻します。
      春から夏の間であれば、また蜂蜜がたまってきます。

      最後の採蜜が終わったら、空巣脾はミツバチに預けて10月まで保管します。
      継箱を掛けて、そこに空巣脾を入れます。

      10月になったら預けていた空巣脾を冷凍処理して倉庫で春まで保管します。
      そして春に、その空巣脾をまた使用します。

      >巣枠を再利用したいのですが、さすがに、放置していたものは巣箱に戻せないと思いますので、綺麗に洗ってから巣礎をはれば問題ないでしょうか。

      放置していた巣脾の状態によりますが、もとのままなら再利用できます。
      カビが生えたり、スムシの被害があるなら、巣をきれいにとって巣枠を洗えば、また使えます。

      採蜜後の巣脾の処理は、以下の記事に書いています。
      空巣脾の保存方法

      参考になれば、幸いです。
      がんばってください。

      • 詳しくお答えしてくださり、ありがとうございます。
        これからの活動の参考にさせていただきます。
        お忙しい中、ありがとうございました。

        環境みつばち

  • コメントを残す