2018年産はちみつ販売中

2015年アワビ漁終了 巣潜り漁は、命懸けの仕事

本日、9月15日でアワビ漁は終了です。

昨日の深夜に、3日間の旅行から帰ってきました。
今朝は、旅行中気になっていたミツバチの内検作業をしていたのですが・・・。
友達からメール「今日は、旗上がりそうですよ。」
今日でアワビ漁は終わりなので、内検作業を中断して海に行ってきました。

うねりがあり、濁りもあるのでコンデションは悪い

実際に磯に入ってみると、波は高い。隣のサーフスポットでは、良い波が立って、潮も濁っています。コンデションは、良くありません。

まず最初に向かったのが、私のお気に入りの漁場。
縦に深く棚があり、大潮の時などはヒザくらいの水深になる。 毎年、一番最初にチェックする場所なのです。

今日も、アワビがいました。棚にアワビが並んで2ついます。
まず獲り易いアワビに磯ガネを差し込んでゲット。次に隣のアワビに磯ガネを差し込もうとするのですが、岩にガッチリくっついています。

アワビは、危険を感じると岩にピッタリとくっついてしまいます。こうなると、簡単には磯ガネが、アワビと岩の隙間に入っていきません。2度トライしたのですが、断念。

場所を移動して、アワビを探すのですがなかなか見つかりません。結局アワビ2個とトコブシ1個ゲット。サザエはまだまだ、たくさんいます。去年の今頃は、サザエもあまり見かけなかったのですが。海の中も毎年違いますね。

本日の獲物

20150915-IMG_167501

2個目のアワビは、獲るのに大変でした。

いつもは海草を掴んで身体を固定するのですが、掴んでいた海草が岩から剥がれてしまい、掴み辛い岩を手で掴みながらの作業。やっとアワビを剥がしたときには、息が苦しくなっていました。

やっと岩から剥がしたアワビを掴み損ない、岩の隙間に落ちてしまいました。一度水面に上がり、息を吸い再度落としたアワビを獲りに行こうと思ったのですが、その間にアワビは岩に張り付いてしまうかもしれません。そうなると、岩からアワビを剥がすことは困難になってしまいます。

息が苦しい中、落としたアワビを拾うことに。うー息が苦しいー。
やっとアワビを掴んで、一気に水面に。
ハーハー、ゼイゼイ。
巣潜り漁を始めて、一番チャレンジしたかも。

巣潜り漁は、命懸けの仕事

実際に巣潜り漁をする前は、簡単に獲物を漁協に売ってお金になると思っていました。
実際に潜ってみると・・・。
潜るのって苦しいー。

隣のエリアでは、アワビ漁の約4ヶ月間で800万くらい稼いでいる人もいるそうです。 私が管理しているHPの吉田さんの話では、勝浦では2人でコンビを組んで1500万くらい稼いでいるという。
そんな話を聞いていたので、50歳を過ぎて始めたなんちゃって海女ちゃんの私でも、20,30万くらいは楽勝だなと思っていました。

毎年、サーフボードを買えるなぁー。(笑)

ところが、そんな甘いことはありません。
簡単には、潜れません。私は頑張って潜っても4mくらい。
でも息が続かないので、水中で作業する時間は限られてしまいます。
稼ぐには、深く長い時間を潜らないと。私には、無理。

また、小さい頃から潜っているベテランでも、不慮の死亡事故はあるようです。
海草やロープに足が絡まったり、岩の隙間に閉じ込められたり。
その他、無理が祟って身体を壊したり。

端で見ているだけでは分かりません。
一潜りで、数万円も稼ぐなんていいなあと思っていたけれど。
命懸けの仕事なんです。
自分でやってみて、初めて分かりました。

2 Comments

江見気分

こんにちは!
私も、漁業権を持っているのだから自分で食べるくらいは獲ってみたいと思っています。潜るのは無理でも、ヒザくらいの水深のところなら・・・。
仲間も居ないし、ポイントも分からないので無理ですかね!

返信する
桑原 周之

江見気分さん、コメント有難うございます!

巣潜り漁の期間中、大潮で潮がすごく引くときがあります。
その時に行けば、水に顔をチャポンと付けて探すだけで、アワビが獲れます。
アワビがいる場所は、大潮のときに顔を出している岩のところを探せば良いです。

返信する

コメントを残す