抗生物質不使用、安心安全なはちみつ販売中

木で完熟したアケビを食べる 上品な甘さが口いっぱいに広がります

蜂場に行くと、実がパカッと割れたアケビがたくさん成っていました。

今日は、高枝はさみを持っていないので、手が届く範囲の実を取って、食べました。

アケビの食べ頃

アケビの食べ頃は、アケビがパカッと口が開いた瞬間ではないかと思います。まさに、アケビが私を食べてと言っているようです。

まさに実がパカッと割れて間もないアケビが木にたくさんなっていました。それを取って、アケビの実を口に入れると、上品な甘さが口いっぱいに広がります。

まだ口の開いていない実もありました。それを取って実を口に入れると、甘さはあるのですが、甘味が薄く、少し渋みもありました。

20151013-IMG_213801ちょうど食べ頃のアケビ

20151022-IMG_238001右が熟して口が開いた食べころのアケビ、左はまだ口の開いていないアケビ

熟していないアケビは、皮が紫色をしています。熟すと紫色が薄れ、くすんだ色になっています。

完熟アケビは、自分でアケビを採らないと食べられませんね。お店に売っているものは、完熟前に収穫していますから。

コメントを残す