【西洋ミツバチの飼育方法】巣箱の清掃方法

ミツバチを飼育していくと、巣箱の外側、内側が汚れてきます。

雨によって泥が跳ねて、外側が汚れます。
内側は、ミツバチやダニの死骸などで汚れてきます。

また、病気を予防するためにも巣箱を清潔に保ちたいです。

巣箱は、春と秋の2回取り替えています。

巣箱を水で洗って天日で干します

20120331-IMG_407601

流水で、巣箱の内と外を洗います。

まず、ハイブツールで内側をガリガリ削って汚れを落としていきます。内側の角もハイブツールを使うと綺麗になります。

その後、ホースで水を流しながらたわしで内側、外側をゴシゴシ洗います。

20141202-IMG_557701

洗った巣箱は、天日で干します。

ガスバーナーでプロポリスを柔らかくしてハイブツールで綺麗にします

20150929-IMG_185401

巣箱の内側には、ムダ巣やプロポリスがこびり付いています。

20150929-IMG_185501

こびり付いているプロポリス。

20150929-IMG_185701

プロポリスをガスバーナーで柔らかくします。

柔らかくなったプロポリスをハイブツールで綺麗にします。

ムダ巣は、ガスバーナーを使わないでも落とせるので、ハイブツールで落とします。

20150929-IMG_186501

プロポリスとムダ巣を綺麗にしたら、スムシや病原菌を退治するために、ガスバーナーで巣箱内部を万遍なく焼きます。

木の表面が焦げるくらいで良いでしょう。

「えひめAI」を巣箱内部に噴霧

20150929-IMG_187301

最後に「えひめAI」を噴霧します。

「えひめAI」とは、納豆菌・乳酸菌・酵母菌からなる環境浄化微生物です。

ミツバチの病気を防ぐために、巣箱を消毒したいのですが、人体に害のある消毒薬は使いたくありません。

「えひめAI」は、ヨーグルト、納豆、砂糖など人間が食べることができる材料から作られます。これなら安心です。

納豆菌は、強い繁殖力で他の病原菌の入り込む余地をなくして病気を防ぐ働きもあるそうです。

「えひめAI」は、自宅でも簡単に作ることが出来ます。

下記の書籍を参考にして作りました。

Pocket

コメントを残す