【南房総市】海辺に暮らすアーティスト夫婦 桧山薫・ひやまけいこ「自宅で作品展」

隣町に住む友人の作品展へ家族で出掛けてきました。

開催場所は、南房総市和田町。

海を臨むことができる自宅での作品展です。

桧山薫・ひやまけいこ「自宅で作品展」

最初に第二会場へ

まず最初に、第二会場になっている工房へ。

この工房も桧山さんの手作りです。

20151211-IMG_308701

ここには、夫である桧山薫さんの作品が飾られています。

20151211-IMG_306001
20151211-IMG_305101

大人になったアンネフランク(1988 薫)

工房に足を踏み入れると、見上げるくらい大きな「アンネフランク」が出迎えてくれました。

 

20151211-IMG_305401

風の中のひまわり(1997 薫)

隣には、こちらも見上げるくらい大きなひまわり。

20151211-IMG_308301

 20151211-IMG_308101 20151211-IMG_308001 20151211-IMG_307301 20151211-IMG_307501 20151211-IMG_307801 20151211-IMG_307901 20151211-IMG_306801 20151211-IMG_306701 20151211-IMG_306301

自宅の第一会場へ

自宅には、夫の桧山薫さんと妻のひやまけいこさんの作品が展示されています。

20151211-IMG_308501 20151211-IMG_310901 20151211-IMG_310301 20151211-IMG_310701 20151211-IMG_310601 20151211-IMG_310401 20151211-IMG_309501 20151211-IMG_309401

自宅もすべて手作り

20151211-IMG_309801

夫の桧山薫さんは、君津市の高校の美術教師でした。

和田町の海にちかいところに土地を購入し、自ら一間の小さな家を建て、そこで家族4人で暮らしていました。

およそ8年前、桧山さんは高校の教師を辞めます。

そして自分たちが住む母屋作りに専念します。

 

桧山さんのすごいところは、ほとんど1人で家を建ててしまうのです。

ほぞや継手なども自分で加工します。

プレカットしてある木材を購入して、組み立てるのではないのです。

 

20151211-IMG_308501 20111015-IMG_340001

木製のサッシは、廃校になった小学校からもらったそうです。

アルミではなく、木製なのが素敵です。

 

僕がいま住んでいる家は、最初床が抜けて住めない状態でした。

桧山さんに修繕方法を教えてもらいながら直したのです。

さすが元先生、教えるのが上手でした。

最後に

笑顔がすてきな桧山さんご夫婦。

自然体でのんびりゆっくりと暮らしている様子を感じます。

お二人の作品にも、人柄が反映されているよう。

作品を見ていると、ほわーと心があたたかくなってきます。

 

子育ても一段落したので、これからは創作活動に力をいれていくと話していました。

お二人のこれからの活躍が楽しみです。

20151212-IMG_311901 20151212-IMG_312001

カレンダーとポストカードを買ってきました。

今年に続いて、来年も僕の仕事部屋に飾ろうと思います。

桧山薫・ひやまけいこ

住所:〒299-2701 千葉県南房総市和田町花園207-1

フェイスブック:ひやまけいこ

 

 

Pocket

コメントを残す