2018年産はちみつ販売中

燻製器(スモーカー)の自作、一斗缶を利用すると簡単です

美味しいベーコンを食べたいと思い、一斗缶を利用して燻製器(スモーカー)を作りました。

一斗缶を利用した燻製器(スモーカー)なら、簡単に安くできます。

六角ボルトと焼き網を購入するだけなら、200円以内で作れます。

燻製器を購入すると数千円掛かりますから、まずはお金を掛けないで燻製器を作り、もっと燻製を作りたいと思ったら、燻製器にお金を掛けることをおすすめします。

まずは、入門用に安価に一斗缶で燻製器を作ってみましょう。

一斗缶燻製器(スモーカー)の材料

  • 一斗缶
  • 蓋(市内の豆腐屋さんでもらいました)
  • 6角ボルト(6×25のサイズ)を4本
  • 四角形の焼き網(22cm角)

一斗缶燻製器(スモーカー)の作り方

新品の一斗缶の場合は問題ないですが、お店からもらってきて缶の中が汚れている場合は、缶内部を洗います。

20151212-IMG_313701

5.5mmの電動ドリルで上部に2箇所、下部に3箇所の穴を空けます。

上部の穴は、ボルトを通して網を乗せるためのもの。
下部の穴は、空気穴です。

一斗缶の4面全部に上と下の穴を空けます。

上部の穴を空ける位置は適当です。
スモークする材料をフックに吊るして使用する場合は、材料を吊るすスペースを確保するために、上部のボルトを付ける穴はなるべく上にしたほうが良いでしょう。

網に乗せてスモークする場合は、蓋をかぶせたときに材料が蓋に付かないように、上部の穴は適当なところに空けます。

穴を空けたら、缶切で上部を切ります。
上部を切り取る前のほうが穴を空けやすいです。

6角ボルト

6角ボルト

20151212-IMG_313101

20151212-IMG_313801

ボルトをねじ込みます。5.5mmのドリルで穴を空けると、ボルトをねじ込んでいけるのでナットでとめる必要ありません。

20151212-IMG_314001

焼き網を乗せます。

20151222-IMG_332001

蓋をかぶせて、温度計を差し込む穴を空けます。

完成です。

製作時間は、およそ10分。簡単ですね。

一斗缶の入手方法

一斗缶は、お豆腐屋さんで分けてくれますよ。
街のお豆腐屋さんで、お豆腐や油揚げを買ってから、一斗缶を分けて欲しいとお願いすれば分けてくれるでしょう。

もしも、近所で一斗缶を入手できない時は、通販で手に入れることもできます。
蓋が付いているタイプがいいでしょう。

後日、一斗缶スモーカーでベーコンを作りました

▼こちらの記事もオススメ 1斗缶スモーカー(燻製器)でベーコンを作りました はちみつでベーコン作り ベーコン【はちみつレシピ】塩抜き不要のベーコン作り

コメントを残す