娘とアップルパイを作る

アップルパイ

昨日の日曜日、妻が風を引いてダウン。

幼稚園に行く日なら良いのですが、今日は日曜日で幼稚園は休み。さあ、何をして遊ぼうか?

なんと40年に1度の寒気が来ていると言う。家の中で遊ぶことにしよう。

アップルパイを作る

貰い物のリンゴがたくさんある。家では買わないような蜜のたっぷりある高くて美味しいリンゴ。冷凍庫にパイ生地があったので、アップルパイを作ることにしました。

娘は、いまお手伝いがマイブームであるらしい。いいぞ、いいぞ。この気持ちをうまく育てていけば、りっぱな家事の戦力になる。

そうだ、子供用の包丁を買って、料理を教えよう。僕は料理を作ることが好きなので、娘と料理を一緒にすれば、遊びにもなるので一石二鳥だ。

料理好きが高じて、大学生の時に調理師免許を取りました。調理師免許を取得するためには、2つの方法があります。1つ目は、調理師学校へ通い卒業すること。2つ目は、調理師の試験を受けること、試験はペーパー試験だけで実技はありません。

2つ目の方法の試験を受けるためには、料理店での2年以上の実務経験が必要です。僕は大学生だったので、そんな実務経験はありません。

ホテルを経営していた親戚に頼んで、2年以上の実務経験ありという証明書を書いてもらって調理師免許を取ったのでした。これは、ここだけの話です。(笑)

でも大学生になってから、居酒屋や大衆割烹のお店で2年以上アルバイトをしていたので、包丁には自信がありました。店の職人には可愛がってもらい、料理を仕込まれました。

包丁修行は、かつら剥きから始まり、マグロの柵取りまで教えてもらいました。ほとんど毎日、開店前から店に行き、仕込みをします。

焼き鳥の仕込み。タン、ハツ、レバー、正肉、皮、これらは1口大に切り串に刺して行きます。

煮込みの仕込み。豚のモツ、ダイコン、ゴボウ、ニンジン、コンニャク、サトイモ、ショウガ、ニンニク、これらを切って出汁を取った大きな寸胴で煮込みます。

サラダ、鳥のから揚げ、天ぷら、漬物、煮物、刺身のツマなどなどの仕込み。あー切りがないから、もう止めておこう。

居酒屋で出す仕込を、ほとんど1人でやっていたので料理の腕は上がったかな。包丁も、刺身包丁、大出刃、中出刃、小出刃、牛刀、菜切り包丁、ぺティナイフと7本の自分専用を持っていました。中でも刺身包丁は、職人さんから貰った1つ何万円もするものでした。

あ、アップルパイの話でした。学生時代のアルバイトの話は、また別の機会にしましょう。

20160124-IMG_368801

ストーブで加熱している図

皮を剥いて薄切りにしたリンゴを鍋で加熱します。

この鍋は無水調理できるステンレス製の鍋です。20代のとき、20数万円する鍋のセットを買ったのでした。30年近く経った今でも毎日料理に使っています。多分一生使えるでしょう。そう考えると、安い買い物です。20代のまだ若いときに買ったので、十分元を取れます。このような一生物は、なるべく早く買うほうが元を取れますね。

あ、また脱線した。この鍋を買った経緯はまた別の機会に。

酔っ払ってブログ記事を書くと、脱線ばっかりしてしまう。

20160124-IMG_369101

蓋をして加熱します。こうすると水を加えないで、リンゴだけの水分で煮ることができます。

20160124-IMG_369301

美味しそうに煮えました。でも少し加熱しすぎたので、色が濃くなってしまいました。本当はもっと白くなります。

これが甘くて美味しい。砂糖などの甘味料は全く入れていないのですが、すごく甘いのです。水を加えないで加熱するので、素材の甘さが十分に引き出されるのでしょう。

アップルパイ

出来上がり。見栄えは悪いのですが、本当に美味しいアップルパイができました。

あっという間に、みんなで完食。娘はこの写真を見て、また作ろうねと言っています。

満月に感動

1日中家にいたので、なんか身体がムズムズしてきました。すこし運動しようと思い、海辺へ散歩に出掛けることに。

20160124-IMG_20160124_17344701

進行方向には、キレイな夕焼けが広がっています。ああ、散歩にきて良かった。海沿いの堤防を15分くらい歩いたら終点。Uターンをすると・・・。

20160124-IMG_20160124_17482401

目の前には、大きな満月が。夕焼けを見ながら散歩をして、Uターンしたらこんなにもキレイな満月があったのでした。

これは、ご褒美かな。今日1日、娘と遊んだご褒美なのだろうか。神様、有難う。

Pocket

コメントを残す