天然はちみつの蜂人舎はコチラ

アマゾン Audible(オーディブル)の便利な使い方、Audibleは素晴らしい

僕は、テレビよりラジオ派。

特にラジオドラマが大好き。ラジオから、偶然にもラジオドラマが流れてくると、おもわず聴き入ってしまいます。

昔、汽車の汽笛の音で始まるラジオドラマがあって、ちょうど寝る時間に始まるので、毎晩寝床のなかで楽しみにしていました。

アマゾンAudibleとは、本を聞くことができるサービスです。以前から興味があり試してみたかったのですが、パソコンでは利用できず、スマホなどの携帯端末だけでしか利用することができません。

このたびスマホデビューしたので、早速Audibleを体験してみました。

アマゾンAudible(オーディブル)の3ヶ月無料体験に申込み

アマゾンAudible(オーディブル)の詳細は、こちら。

 whatsaudible02._V318034594_

アマゾンAudible(オーディブル)とは

Audibleは、アプリで小説やビジネス書、落語などを自由に聴けるアマゾンの新しいサービスです。

スマートフォン・タブレットにAudibleのアプリをインストールすれば、時間や場所を気にせず、様々なオーディオエンターテインメント体験が始められます。
名作の美しい語りかけ。日本の古典エンターテインメントである落語。ロマンスやミステリー、なかなか読む時間のなかったビジネス書も、まるで音楽のように楽しむことができるのです。

Audibleは月額1500円のサービスです。会員になれば、20以上のジャンルの1万ものタイトルの中から、お好きなものを選び、聴いていただくことができます。
聴くことのできるタイトル数や時間に制限はありません。
最初の1カ月は無料でご体験いただけます。さらにプライム会員の方なら3カ月間の無料体験となります。

僕はアマゾンプライム会員なので、3ヶ月間の無料体験を申し込みました。3ヶ月もあれば、自分にあっているかどうか充分に検討できるでしょう。

豊富なタイトル

whatsaudible03._V318032911_

20以上のジャンルで1万ものタイトルがあります。童話や絵本もあります。娘に聞かせてあげよう。

吉川英治の「三国志」がある。第1巻の朗読時間が9時間52分。三国志って何巻あったっけ?しばらく楽しめそう。お、宮本武蔵もあるよー。昔わくわくしながら読んだ本を、今度は耳で聴くのも面白そうだな。

実際に聴いてみました

ライブラリを見て面白そうと思うものを10タイトルくらいダウンロード。ビジネス書が多かったのですが、つまらないのはすぐ削除して、次々聴いてみました。そんなことをしているうちに、操作も覚えていきました。

アマゾンAudibleの便利な使い方

  • 再生スピードを変更できる
    0.5倍から3倍速まで、再生スピードを変更できます。再生スピードを上げれば、本を早く終えることができます。
    1.3倍速以上になると、ちょっとついていくのが大変になります。
    小説は、1倍速でじっくりと聴いています。
  • ライブラリーへの登録は、PCでやるのが便利
    本のダウンロードはスマホにしかできないけれど、ライブラリーへの追加はPC上でできます。画面の広いPC上で、読みたい本をどんどんライブラリーに追加して、その後スマホでダウンロードすると便利です。

仕事をしながら聴いてみました

いつもはラジオを聞きながら仕事をしていたのですが、アマゾンAudibleを聴きながら仕事をしてみました。これが楽しい。

ラジオは面白いときもあるが、つまらない時間も多い。面白い話もあるが、たいてい時間が短く欲求不満になってしまう。もっと長く面白い話を聞いていたいのに。

アマゾンAudibleは、尻切れトンボにならず、じっくり聴かせてくれる。だって1冊本を読んでくれるんだからね。

今日は山で作業しながら、西田文朗著「エジソン脳をつくる『脳活』読書術」というのを聴きました。仕事をしながら読書もできて、最高です。

就寝時に聴いてみました

宮本輝の「蛍川」を、夜寝るときに聴いてみました。20年くらい前、宮本輝が好きで既に出ている本全部読んだものです。やっぱり宮本輝、面白い。

昨日も夜8時過ぎには寝床に入って、宮本ワールドを楽しみました。

こんなときに聴いてみたい

1人で車の長距離運転をするときに、アマゾンAudibleを聴いてみたい。アメリカでは車で移動中に良く聴かれているみたいです。

東京に住んでいたとき、夏は茨城や千葉の飯岡にサーフィンに行っていました。飯岡に行ったときは、サーフィン後はかんぽの宿に寄って温泉に入るのが定番。

その後、コンビニに寄ってビールとつまみを買って帰るのです。そしてラジオからは、NHKのラジオドラマが流れてきます。東京の自宅までの長時間のドライブ中、このラジオドラマを聴くのが至福の時間でした。

サーフィンに、1人で行っていたのかって?それはここでは、書けません。道路交通法が厳しく改正される前の古き良き時代でした。

最後に

アマゾンAudible最高!

昔から本を読むだけでなく、耳で聴きたいと思っていました。朗読CDやポッドキャストをipodやボイスレコーダーに入れて聴いていました。

アマゾンAudibleは、簡単に読みたい本を耳で聴くことができます。こんなサービスを待っていたのですよ。3ヶ月の無料体験が終了して有料になっても、サービスは継続するつもりです。

1万以上のタイトルがあるのですが、読みたい本はまだまだ少ないです。タイトルがもっともっと増えることを期待しています。

今夜は、何を聴こう?

アマゾンAudible(オーディブル)の詳細は、こちら。

コメントを残す