抗生物質不使用、安心安全なはちみつ販売中

2016年 初わかめ漁 どうやら今年は不作のようです

2016年3月26日、今年初めてのわかめ漁です。

3月15日にわかめ・ひじき漁が解禁になって、毎日磯を見ていたのですが、今年は漁をする人をあまり見かけません。多くて2,3人というところでした。

今年は、わかめが不作です

軽トラックに道具を積んで浜に到着。既に、顔見知りのNさんが用意をしています。

「おはようございます。わかめの出来はどうですか?」と僕。
「今年は、不作だねー。昨日も採りに来たんだけれど、わかめは、あまりないよー。」とNさん。

勝浦もわかめは不作だと聞いていたのですが、ここ鴨川も同じような状況のようです。

でも江見は大丈夫だかんねと思いながら、ジャブジャブと海の中に入っていきました。去年までなら、わかめがすぐに目に付くのでが、今年はありません。やはり、今年はわかめは少ないようです。

20160326-DSCF187001

岩に生えている、ひじき

上の写真に見えるように、ひじきはたくさん生えています。ひじきは取り放題です。でもひじきを採っている人は見かけませんでした。

わかめを求めて、さらに沖へ進んでいきました。途中、深みにはまると水が胸くらいまで来ます。でもサーフィンのウエットスーツを着ているので、大丈夫。

去年なら、ヒザくらいの水深で目視してヒョイヒョイとわかめを収穫出来ました。でも今年は腰くらいまで水に浸かりながら、手探りでわかめを探しました。わかめはヌルヌルするので、手探りでもすぐ分かります。

今年もボディボードが活躍しました

今年も活躍したボディーボード。今年は、鎌を2丁セットしてみました。リーシュコードを腰に付けて、お供にしました。

20160326-DSCF187301

1時間くらい漁をして、やっとこれくらい採れました。去年の四分の一くらいの量です。

20160326-DSCF187201

昼からわかめをつまみにビール

わかめの処理

今日食べる分以外は、そのまま干しました。

20160326-DSCF189001

先ほどのNさんは、わかめを保存するために塩蔵するそうです。一度湯通ししてから天日干しにする人もいるようです。湯通しすると色が鮮やかになるからということです。僕は、自家用なので見た目を気にしないので、そのまま干しました。

風呂に入り、わかめをつまみにビールを飲む

冷えた身体を温めるために、風呂に入ることに。あー、生き返る。

風呂から上がってビールをグビー。風呂とビールはセットなんだよなー。少し暖かくなってきたので、ミツバチの内検に行こうと思っていたのだれけれど・・・。

20160326-DSCF188001

つまみに、わかめをさっと茹でて、わかめのお刺身。わさび醤油で頂きます。

コリッコリッの歯ごたえ。この歯ごたえが堪らない。採れたてじゃないと、この歯ごたえは味わえない。

20160326-DSCF188401

わかめのお刺身

次は、わかめのナムルを作りました。さっと茹でたわかめを適当な大きさに切って、おろしにんにく、ゴマ油、醤油をからめます。

20160326-DSCF188701

わかめのナムル

次回は、ひじきを採りに行こう。

 

コメントを残す