2018年産はちみつ販売中

サーフィン、テイクオフはやっぱり重要

20160925-img_5176

朝、波チェックに出かける。1週間くらい毎日サーフィンしていて、少し身体に疲れが貯まっているので、今日はノーサーフ。日曜日で、海も少し混雑してるしね。

波のサイズは、セットでムネ・カタ。繋がっている波が多いが、たまに切れた波がきています。天気も良くなってくる予報なので、今日は気持ちの良いサーフィンが出来るでしょう。

大野マーもテイクオフを、最重要視

最近、サーフィンの基本を改めて見直しています。特にテイクオフ。

だから海を見ているときに、テイクオフの動作に目が行ってしまいます。上手な人は、やはり良い位置からテイクオフして、ロングライド。そうでない人は、波に捕まってしまう。

やっぱり、テイクオフはサーフィンで一番重要なポイント。

大野マー(大野修聖)も次のように行っています。

テイクオフからのスピードはとても大切です。特に波のサイズ小さくなるほど、パドリングで得たスピードを殺さずにテイクオフしなきゃいけない。

極端に言えば、ボードに足をつく時にドシンと立って衝撃を与えてしまうと、それだけでスピードロスにつながってしまう。

波が大きくなった時も、「立つ」という感覚じゃなくて、テイクオフの動作に入った瞬間に足がボードについているくらいスムーズじゃなきゃいけない。

最近になって改めてテイクオフの重要性に気づきましたね。

世界を転戦するマーが言うのだから、間違いない。

コメントを残す