【西洋ミツバチの飼育方法】巣枠の作り方

巣枠には、ラ式とホ式と呼ばれる2種類のものがあります。

ここでは、ラ式の巣枠について書いていきます。

【材料】

  • 巣枠
  • 針金
  • ハトメ
  • ステープル

【道具】

  • エアーコンプレッサー
  • エアータッカー
  • ラジオペンチ

巣枠の作り方

巣枠の部品です。これを組み立てます。

巣枠を組み立てる

エアータッカーでステープルを打って、組み立てます。

作業をしやすいように、治具を作って組み立てています。

ステープルは横に3箇所、上に2箇所、打ちます。

横3箇所にステープルを打つ

上2箇所にステープルを打つ

強度を高める鉄製の金具は、付けません。その分、手間が省けるので楽です。

金具は付けなくても、巣枠が壊れることは、ほとんどありません。養蜂を始めて14年くらいですが、巣枠が壊れることは年に1回あるかないかです。

ハトメを入れる

ハトメを押し込み棒で、針金を通す穴に入れます。

ハトメを入れないと、針金を引っ張った時に木が裂けてしまいます。地味なヤツですけど、いい仕事します。

針金を張る

次に針金を張ります。

使用する針金は、24番(0.55mm)の鉄製針金です。

針金は絡まりやすいので、一升瓶にかぶせて使うと絡まりづらくなるので便利です。

ラジオペンチでギュッと引っ張ります。この力加減が難しい。引っ張りすぎると、針金が切れる。かと言って、ゆるいとだらんとしてうまくない。

このさじ加減は数をこなして、コツを掴むしかありません。

出来上がり

三角コマの代わりに、ステンレス製のネジを付けて完成です。

関連記事:巣枠のコマはネジで代用してみました

購入した道具

去年までは、釘をカナヅチで打って組み立てていました。

でも今年からエアータッカーでステープルを打って、組み立てるようにしました。これが便利。何でもっと早く導入しなかったのだろうかと反省。

エアーコンプレッサー

タンク容量4リットルと小型なのですが、十分に使えます。

0.5MPaがちょうど良い圧力。それ以下の圧力だと、ステープルがうまく入りません。

エアータッカー

とにかく軽い!重さが730gと軽いので、作業が楽々出来ます。

エアーホース

ステープル

まとめ

早くエアータッカーで仕事をしていれば良かった。

今までの3~4倍くらいの速さで、巣枠を組み立てられます。

Pocket

コメントを残す