コードレス掃除機は本当に楽だ マキタ充電式クリーナ

マキタ充電式クリーナ

マキタのコードレスクリーナーを購入しました。

以前もコードレスクリーナーは使っていたのですが、それは壊れていまは無い。

今まで使っていたコードレスクリーナーは、あまり使い勝手が良くありませんでした。重いし、吸引力が弱いし、あと一番面倒だったのがゴミ捨て。ゴミを捨てるための一連の動作が本当に面倒だった。だから使用頻度も多くなかった。

マキタコードレスクリーナーを購入

というわけで、ネットでどのコードレスクリーナーを買おうか調べてみました。

すると、ダントツで人気なのがマキタのコードレスクリーナー。軽くて、吸引力があって、値段も手頃。

業務用モデルは、新幹線の車両清掃や空港、テーマパークで利用されているスグレモノなんです。

ボクが愛読している通販生活の「読者が選んだ暮らしの道具ベスト100」では、マキタのコードレスクリーナー(CL103DX)が2013年から2016年連続1位を更新中。

購入したモデルは、CL105DWI

マキタのコードレスクリーナーは、沢山のモデルがあってどれを選んで良いか迷ってしまう。

で、今回購入したのがマキタ充電式クリーナ(バッテリー内蔵・充電器付)CL105DWI。

購入の決め手になったのが、アマゾンのカスタマーレビューの高評価。

実際に使ってみると

重さは、1kg。軽くてほうきみたいに片手でらくらく持てる。これは、楽だ。

クリーナを台所の隅に置いているのですが、ゴミを目にしたら、片手でひょいと持ってすぐにゴミを吸い取れる。

今までは、ゴミを目にしても掃除機を持ってきてコンセントを繋いでやるのが億劫なので、ゴミを見てみないふりの自分。

掃除が苦でなくなりました!

ゴミを捨てるのも簡単

クリーナに溜まったゴミは紙パックをポイッと捨てるだけなので、とても簡単。以前使用していたクリーナは紙パック式ではなかったので、溜まったゴミの処理が面倒だった。

洗って繰り返し使えるダストバッグも標準で付いているので、そちらを使えば紙パックを購入しないでクリーナを使うことも出来ます。

本当は、こちらのモデルを買いたかった

本当のところを言うと、CL107FDSHWを買いたかった。

このモデルは2016年に発売されたもので、上位の業務用モデルに迫る高性能なコードレスクリーナー。でも、値段は業務用モデルの半額以下。

しかし、あまりにも人気なので生産が追いつかず、現在は在庫切れです。販売しているネットショップもありますが、プレミアム価格になっていて高いです。なんと、値段が定価の倍以上もする。

引っ越ししたら、もう1台コードレスクリーナーを買おうと思っているので、そのときはCL107FDSHWを買おうと思っています。

まとめ

マキタのコードレスクリーナー、本当に買って良かった。

いまは仕事の合間にちょっとした気分転換にスイー、スイーと掃除をする自分がいる。さあ、掃除をするぞという気負いも無い。

良い家電というのは、生活の質を上げてくれるらしい。

Pocket

コメントを残す