2018年産はちみつ販売中

【はちみつレシピ】はちみつで豆乳ヨーグルトを作る

はちみつ豆乳ヨーグルト

ヨーグルトは、ヨーグルトの種菌を入れなくても、はちみつで作ることが出来ます。

はちみつに含まれる酵母が美味しいヨーグルトを作ってくれるのです。

豆乳ヨーグルトの作り方

【材料】

  • 豆乳
  • はちみつ

【作り方】

まずは、ヨーグルトの種菌を作り、それを元にしてヨーグルトを作ります。

種菌の作り方

  1. 適当な蓋付き容器に豆乳200mlと、はちみつ大さじ2を入れて、はちみつが溶けるように良くかき混ぜます。暖かい所に、豆乳が固まるまで置いておきます。

    冬場は気温が低く固まりにくいので、ヨーグルトメーカーの温度を25℃にセットして作っています。冬場以外は、そのままで大丈夫です。

  2. 4,5日すると、豆乳がドロッと固まってきます。
    さらに豆乳を200ml足して、かき混ぜまて暖かい所に置いておきます。

    今回は最初よりも早く、一晩くらいで固まってきます。

    豆乳ヨーグルト

    種菌の出来上がり

    種菌は冷藏庫で保存。ヨーグルトを作る時に利用して減った分だけ豆乳を足せば、種菌をずっとキープ出来ます。

    発酵力が弱ったり、匂いが付いたりしたら交換した方が良いです。家では2ヶ月くらいで作り直しています。

ヨーグルトの作り方

  1. 種菌を大さじ2~3杯と豆乳1リットルを容器に入れて、良くかき混ぜます。

  2. そして容器を暖かい所に置いておきます。冬以外でしたら、一晩でヨーグルトの完成です。

    家では、ヨーグルトメーカーにセットしています。
    温度40℃にして、8~10時間で出来上がります。

    出来たてのヨーグルトは、柔らかいです。でも、冷藏庫に入れると固くなります。

    冷藏庫で冷やして、固くなった豆乳ヨーグルト

    ヨーグルトメーカーに付属している容器は、スプーンを入れておける切込みがあるので便利。こういうちょっとした工夫が有り難い。

はちみつとゴマを掛けて、頂きました。はちみつ豆乳ヨーグルト

家で使用しているヨーグルトメーカー

3年以上使用していますが、壊れもせず活躍してくれています。

これで、甘酒や納豆も作れます。

関連記事:はちみつを料理に使ってみましょう 砂糖の代わりに使うだけで健康になるって本当?

コメントを残す