天然はちみつの蜂人舎はコチラ

2017年初ワカメ漁 去年に引き続きワカメは不作のようです

昨日4月2日に、2017年初めてのワカメ漁に行ってきました。

ワカメ・ヒジキ漁が解禁されたのが3月15日。
それからもう半月も経っています。
まだワカメは残っているでしょうか?

さあワカメ漁開始

軽トラを砂浜に停めて、サーフィンで使用しているウエットスーツに着替えます。
リーフブーツ、手袋をして準備OK。

ワカメ漁をする磯は、こんな感じです。

砂浜から海に入って、ジャブジャブと歩いてワカメが生えている場所まで歩いて行きます。
海底はデコボコしていて、ものすごく歩きにくい。
慎重に一歩づつ歩いていきます。

今年もワカメ漁のお供は、コレ。
水面をスイスイ~と滑っていきます。
ホント、便利。

100mくらい沖まで歩いて行きました。
この辺りは深くなる場所もあるので、他の人が採りに来ないのだ。
でもボクは、ウエットスーツを着ているから大丈夫。

ワカメは不作

ワカメを探してみるも、ワカメはなかなか見当たらない。
どうやら、今年も去年に引き続いて不作のようだ。

それでも根気よく探して行くと、ポツポツとワカメを見つけることができました。

今回の収穫。
掛かった時間は、1時間くらい。

家に帰り塩蔵ワカメを作る

昨年までは、ワカメを天日に干してカラカラにしてから保存していました。
でも、水で戻してから食べてみると、あまり美味しくない。

地元の友人は塩蔵ワカメを作ったらしく、美味しさが長持ちしたと言っていたので、今年は塩蔵ワカメを作ることにしました。

塩蔵ワカメ作り

たっぷりのお湯でワカメを2分ほど茹でます。

その後、お湯から上げて水で冷やします。

 

たっぷりの塩をまぶします。

 

重しを乗せて2日置きます。

ワカメの水を切り、再び塩をまぶして、フリーザーバッグに入れて冷藏庫で保存します。

ワカメを頂く

ワカメ1株だけ塩蔵にしないで、その夜に食べました。

さっと茹でて、ごま油と醤油を掛けただけのもの。

コレが、コリコリして磯の香りがして、本当に美味。
ごま油も、良い仕事しているんだよなー。

コメントを残す