酵素玄米(寝かせ玄米)ホントに美味しくて食事の用意がラクラク

酵素玄米

ボクは、20代後半から玄米を食べてきました。
健康に関する本を読むと、玄米はやっぱり体に良いと書かれていることが多い。

ということで、健康オタクのボクはずっと玄米生活を続けてきたのでした。

しかしここ数年間は、白米や胚芽米を食べるように。
何故かと言うと、娘が玄米をイヤがるから。

娘は、3歳位までは玄米を食べてくれていたのですが、その後「玄米、ヤダ」と言うようになったのです。

でもやっぱり、健康のためにまた玄米を食べたくなってきました。

そうだ、酵素玄米ならモチモチして赤飯みたいだから、娘も食べてくれるかも。
娘は、赤飯が好きなのです。

2016年2月に、酵素玄米生活が始まりました。
もう1年以上続いています。

酵素玄米(寝かせ玄米)を作る道具

酵素玄米というと、長岡式酵素玄米がすぐ頭に浮かびます。

鴨川にも、長岡式酵素玄米をしている友人が数名います。
彼らのように、講習会に参加して酵素玄米を作る道具を購入することも考えたのですが、講習に参加するのも面倒。
それに、道具一式で8万円以上と高い。

同じ道具がアマゾンで売っていないか調べたら、有り難いことに売っているじゃないですか。
しかも安い。

迷わず、アマゾンで圧力鍋、保温ジャーを購入しました。

ヘイワの圧力鍋

1升の玄米を炊けます。

電子ジャー

2升2合のご飯を保温可能。
ウチでは、酵素玄米と白米(娘用)を一緒に保温しています。

ついでにボウルも購入

これで、1升の米を研ぐことが出来ます。

酵素玄米の作り方(自己流)

長岡式酵素玄米は、いろいろ決まりがあり面倒なので、自己流(いいかげんってこと)でやってます。

正確な作り方を知りたい人は、長岡式酵素健康の会太陽の家で講習を受けると良いですね。

【材料】

  • 玄米 1升(10合)
  • 小豆 半合
  • 塩 ティースプーン山盛り1杯

【作り方】

  1. 玄米と小豆をザルに入れて流水で洗います。

    水は浄水器を通したほうが良いですね。
    ウチでは、通販生活で人気の日本ガイシ製のC1という浄水器を使っています。
    酵素玄米

    酵素玄米

  2. 洗った玄米と小豆の水を切り、圧力鍋の内釜に移します。

    水1,800mlと塩を入れます。
    そして、泡立て器で2,3分かき混ぜます。

    普通、玄米を炊く時、水は玄米の1.5倍入れますが、ヘイワの圧力鍋は玄米と同量の水を入れます。
    圧力鍋本体に水を入れて玄米を炊くので、水が少なくても大丈夫なのです。

    酵素玄米

    泡立て器で2,3分かき混ぜます

    2,3分かき混ぜていると、水が白く濁ってきます。
    白く濁るのは、良い玄米の証拠だそうです。ホントカナ?

    白く濁った状態

  3. 圧力鍋本体に水を300ml入れて、内釜をセットして、加熱します。

    酵素玄米

    火は中火。
    加熱時間は、トータルで50~60分です。

    30分後くらいに、オモリが「シュシュシュ」と揺れだすくらいがちょうど良い火加減。
    オモリが揺れだしてから、火は中火のままで、その後20~30分、オモリが動かなくなるまで加熱します。

    オモリが動かなくなったら火を止め、60分ほどそのままで蒸らします。
    その頃には圧が抜けているので、出来上がり。

  4. 保温ジャーに玄米を移します。

    1日1回、しゃもじで上下を返します。
    その際、保温ジャーの側面にご飯が触れないようにすると乾燥を防げます。

    酵素玄米

まとめ

酵素玄米、良いですよー。

モチモチして、まるで赤飯みたいで美味しい。

それと、毎日ごはんを炊かなくて良いから楽。
1度炊けば、5日くらい持ちます。

今まで保温ジャーを使用していなかったので、炊きたて以外は冷めたご飯を食べていました。
でも酵素玄米で保温ジャーを使うようになって、毎日あたたかいご飯を食べられるのは、幸せ。

あ、娘は酵素玄米食べてくれませんでした。
やっぱり白米のほうが、美味しいって。残念。

酵素玄米生活をはじめるにあたり、購入した本

Pocket

コメントを残す