2018年産はちみつ販売中

築300年の古民家でチェロとパーカッションのコンサート

チェロとパーカッションのコンサートに家族で出かけました。

コンサートが開かれた場所は、鴨川市の山中にある築300年の古民家。

大きな家です。立派な蔵もあります。

築300年の古民家

ここは山頂付近にあるので、眺めが素晴らしい。

古民家から見る風景

この古民家は、映画監督の代々木忠さんが、むかし借りていたところ。

ボロボロだった古民家を、約2000万円掛けて修繕したそうです。

そんなことを、代々木監督と仲の良いジャイアント吉田さんから以前聞きました。

そのときから、借り主がいろいろ変わり、いまはこのコンサートを主催した女性が住んでいます。

家が山の頂上付近にあることから、「天空の古民家」と呼んでいるそうです。うん、まさにそんな感じ。

羊とヤギ

その天空の古民家で、コンサートは開かれました。

出演者は、「羊とヤギ」という2人組。

富田牧子さんはチェロ。
コスマス・カピッツァさんはパーカッション。

演奏前に撮影 コスマスさんはパーカッションに隠れて写っていません

羊とヤギ

2013年にチェロとパーカッションのデュオとして活動を始めた「羊とヤギ」。

中世の音楽、民族音楽、バルトークなどを取り上げ、自然体の響きと共振、霊感を大切にして、独創的な音楽を展開している。

コンサートには、約40数人が集まりました。

囲炉裏のある板の間にみんな座ったけれど、まだまだ余裕のある室内。本当に広い。

コンサートの最初の曲は、コスマスさんがディジュリドゥを吹いて、富田さんがチェロ。

あ、ディジュリドゥ。そう来たか。

パーカッションだけだと思っていたので、意表をつかれた。

でも、チェロと合うなぁ。

その後は、民族音楽、中世音楽と演奏が続きました。

しかし、途中に娘がしきりにアイコンタクトを送ってくる。

耳を近づけると、「もう外に行きたい」

そう来たか。

まあ、予想はしていたので、妻を残して娘と2人で外に。

2人で周辺を探検して遊びました。こちらも、楽しかった。

コメントを残す