2018年産はちみつ販売中

奄美大島へ行きました

 真冬の南房総から、亜熱帯の奄美大島へ。
到着した日は、今年初の夏日で30度近くありました。

アツイ、アツイ。さすが南の島。

 まずは、インターネットで予約しておいたレンタカー屋さんで、車を借りて出発。
島の道を走っていると、ふと地元南房総を走っている感覚になるんです。
田舎から田舎に来たからかなあ。

僕「この景色、房総にもあるっぺよぉー」
妻「だっぺ、だっぺ」
シイの木やソテツが多い低い山々は、南房総の山とそっくり。

さとうきび畑は、南房総の牛の飼料を作っている畑とそっくり。
海岸線でも、南房総が南国を模しているからか、似たような景色が続く。

でも、エメラルドグリーンのサンゴ礁の海を見ると、ここはやっぱり奄美大島なんだなと、美しい景色に心を奪われてしまいます。

 マングローブ林の中をカヌーでまわろうと体験施設に到着したら、娘がうとうととお昼寝。
起こすのもかわいそうだから、車の中で待機するも、起きる気配は無い。

それではドライブでもしようと。
滞在4日間で、島の外周はほとんど回ってしまいました。笑
 おかげで、サーフポイントはだいたいチェック出来ました。

せっかく南の島に来たのだから、ダイビング、カヌー、原生林散策などをしたいところですが、小さな子供連れなので、今回の旅はのんびりゆっくりと。

田中一村美術館や西郷隆盛が暮らしていた家をのんびり見物。
きれいな景色があれば車を止めてぼーっとしたり。
ある意味、贅沢な時間を過ごせたのかもしれません。

2012-2-22-01 【土盛海岸】
奄美で一番美しいと言う人もいます。
左奥には頭サイズのパーフェクな波がブレイクしていました。
誰も入っていない。は、入りたい
今回の旅で一番の心残りかも・・・

2012-2-22-02 【元ちとせが生まれ育った村の近くの海】
暗く見えるところは、サンゴ礁です。

2012-2-22-03 【マングローブ原生林 】
カヌーで散策したっかたのですが、残念。

2012-2-22-04

2012-2-22-05 【ホテルでの夕食】
奄美で採れるおいしいものがたくさん出てきました

2012-2-22-07 【ひさ倉の鶏飯 】
座敷でゆっくり、のんびり食事が出来るので気に入りました。
店主自ら地鶏を飼育して提供する、こだわりのあるお店です。
料理は、どれも美味しかったです。

2012-2-22-06 【ひさ倉のとり刺】
3,4人前はあるボリュームで800円。 安いです。
味も最高。今まで食べたとり刺の中で一番かも。

2012-2-22-09 【ひさ倉の豚足】
豚足は苦手だったのだが、ここのはおいしい。

2012-2-22-08 【みなとやの鶏飯】
ひさ倉と並ぶ奄美の人気店
妻が必ず行きたいと言っていたお店。
妻の好きな作家が、奄美に来ると必ず寄るお店だそうです。
滞在中3件のお店で鶏飯を食べたけれど、ここが一番おいしかった。
接客がいまいちなのが、ちょっと残念でした。

2012-2-22-10 こちらの定番、オリオンビール。
久しぶりに飲んだけど、ライトな飲み口ですね。

コメントを残す