2018年産はちみつ販売中

パソコン故障 バックアップの大切さを再確認

ブルースクリーン

買ったばかりのパソコンが、突然壊れました。

いつものようにパソコンを使っていたら、突然強制終了してブルースクリーンが出て無限ループ状態。
強制的に電源を切って、何度も何度もトライするも、状態は変わらず。

昨日の夕方からずっと復旧手段を探して、試行錯誤していたのですが万策尽き、マウスコンピュータのサポートセンターに電話してみることに。

症状を話すと、すぐにパソコンの回収修理ということになりました。

こちらとしては、時間を短縮するために、家でパソコンを初期化して再セットアップをしたかったのですが、初期化画面も出ないので仕方がありません。

新しいパソコンを購入して1ヶ月あまりで故障。

この1ヶ月間に新しいパソコンの再設定をコツコツとして、以前のパソコンと同じように使えるようになったところでの故障は、かなり堪えます。

あぁ、また同じように再設定をしなければならないことを考えると、気が重い。はぁ・・・。

バックアップは重要

修理でパソコンを初期化するので、この1ヶ月間に入力したデータは削除されて無くなってしまいます。

1ヶ月以前に入力したデータは、古いパソコンにあるので、それだけは救いです。

あと、インストールしたソフトウエアも削除されてしまう。この復旧が面倒。

イメージバックアップ

バックアップには、データだけをバックアップする方法と、パソコンの環境をそっくりバックアップするイメージバックアップという方法があります。

イメージバックアップがあれば、パソコンを初期化しても、または新しいパソコンに替えても、以前の環境をそっくり復元できるのです。

これからは、定期的にイメージバックアップをしようと強く心に誓いました。

そうすれば、ソフトウエアの再インストールもしなくてすみます。

ノートパソコンもブルースクリーンが・・・

ノートパソコンで復旧情報をネットで検索していたのですが、そのノートパソコンも突然ブルースクリーンが・・・。

万事休すと思ったのですが、再起動したら治ったので、ほっと胸を撫で下ろす。

ノートパソコンも故障だったら、まさに泣きっ面に蜂。蜂屋だからと笑えないです、ほんと。

パソコンは壊れてからではなく、壊れる前に買い替えましょう

不幸中の幸いで、新しいパソコンに買い換える前に使っていたパソコンがあるので、今はそれを使っています。

パソコンが壊れてから替えるのではなくて、まだ使える状態でパソコンを替えることは、かなり大切。

いつでも選手交代で活躍できるので、仕事にも支障をきたさないわけです。

まとめ

バックアップは、大切。

パソコン環境を丸々バックアップできるイメージバックアップを定期的にやりましょう。

あと、古いパソコンは処分しないで補欠選手としてストックしておくと安心です。

コメントを残す