2018年産はちみつ販売中

勝浦海中公園 チケット料金、割引や駐車場の情報など

かつうら海中展望塔

家族で勝浦方面へドライブに行くことにしました。

向かった先は、勝浦(かつうら)海中公園。
ここには、東洋一の規模を誇る海中展望塔があります。

海中展望塔とはどんなものなのだろうか、興味津々。

早速、レポートをお届けします。

勝浦(かつうら)海中公園

勝浦海中公園

到着したボクらは、立体駐車場に車を止めて、まずは海中展望塔を徒歩で目指しました。

勝浦海中公園の駐車場

乗用車:170台 2時間まで200円
バス:7台 2時間まで600円

利用可能時間 : 8:30 – 17:15(年中無休、入車は16:15まで)

水がキレイ!透明度抜群の海

海中展望塔へ行く途中にある磯では、磯遊びをする人がたくさんいました。

その日は、観光バスで団体が来ていて何かのワークショップらしきものをしていたようです。

海中展望塔へ行く橋の上から海を覗いてみると・・・

水の透明度がすごい!

奄美大島や沖縄に負けていない海水の透明度です。

千葉県の海のキレイさは、南の島に負けていないぞ。

海中展望塔へ続く道は、ちょっと怖い

勝浦海中公園 海中展望塔

勝浦海中公園WEBサイトより写真をお借りしました

海中展望塔とは、海中に展望室がある施設のこと。
1980年にオープンした東洋一の規模を誇る海中展望塔です。

沖合い60mの位置に建ち、高さ24.4m、水深8m(満潮時)。

まずは、海中公園入口付近で海中展望塔への入場券を購入します。

大人(高校生以上) 960円
中人(小・中学生) 470円
小人(4才以上の幼児) 210円

※ 海中の透明度が低いときは、割引料金でチケット販売中だそうです

チケットを購入して海中展望塔を目指すと、海中展望塔へ続く橋があります。

水面からの高さ、約8m。
結構、高い。

上の写真のように海の上に掛かった橋の上を歩いて行きます。

高所恐怖症の妻は、ここでギブアップ

勝浦海中公園

海中展望塔に続く橋

さあ、この端を渡ると到着だ。

そう思っていたのですが、ここで妻の足が突然止まりました。

「怖い。私には無理」と妻。

高所恐怖症の妻は、怖くて海の上の橋を渡れないというのです。

僕と娘で何とか橋を渡らせようとしたのですが、頑として動かない。

仕方がないので、妻を残して娘と2人で海中展望塔を目指しました。

鵜原理想郷も見えます

橋の途中からは、鵜原理想郷が見えました。

リアス式海岸が綺麗です。

妻のチケットは返金してくれました

橋を渡った先に海中展望塔への入口があります。

そこでポケットから入場券を3枚取り出し2枚だけ渡すと、「残りの1枚は、どうされるのですか?」と係のお姉さんが聞いてくれました。

「高所恐怖症の妻が、怖くて橋を渡れなかったのです。」

「たまにそういうお客様がいらっしゃいます。帰りに購入したチケット売り場で、返金してください。」と笑顔で言ってくれました。

海中展望塔へ入場

勝浦海中公園

海中展望塔の階段

海中の展望室には96段のらせん階段を降りて行きます。

行きはよいよい、帰りは怖い。

帰りに一気に登ると、結構応えました。

太ももがパンパン。娘も、疲れたー。

海中透明度は、WEBページで要チェック

展望室には24個の窓があり、海中を見ることが出来ます。

その日の海中の透明度は、8m。比較的透明度が高いようです。

透明度が低いと、水が濁って海の中の様子が良く見えません。

海中展望塔の透明度は、毎日WEBページで発表されています。

行く前にチェックしたほうが良いですね。せっかく訪れたのに、海水が濁っていたら残念ですからね。

2016年10月をWEBページでチェックしたのですが、透明度10mが最高。2mが最低でした。

海中透明度2mのときは、割引料金でチケット販売中と書かれていましたが、料金は不明。いくらなんでしょうかね?

展望窓からはたくさんの魚が見えました

展望窓から海中を覗いてみると、たくさんの魚が泳いでいます。

ここは自然の中にある展望塔なので、季節ごとに異なる魚や海底の様子を観察することが出来ます。

時には、大きなサメを見ることもできるそうですよ。

勝浦海中公園

海中から手を振る女性ダイバー

海の中を泳ぐダイバーが手を振ってくれました。

海中窓は週に一度、ダイバーがヘラで掃除をするそうです。

深度8mの海底を観察出来るので、海女ちゃん気分を味わえます

海中展望塔があるのは、深度8mのところ。

海底には、海藻や岩、砂底を見ることが出来ます。

素潜り漁で潜ると、こんな感じのところもあります。

岩場でサザエやアワビを捕るんですよ。

海上展望室

海中展望塔の海上部分は、太平洋を臨むことが出来る展望室になっています。

天気が良かったので、キレイな青い海が広がっていました。

海の博物館

勝浦海中公園

海の博物館

海中展望塔見学の後は、併設されている海の博物館へ行きました。

訪れた日は、文化の日。文化の日ということで、入館料は無料。ラッキー。

入館料

一般: 200円
高校生・大学生: 100円
中学生以下 ・ 65歳以上: 無料

房総の海や海岸付近の環境に特化した博物館で、結構楽しめましたよ。

僕は、房総に生息する鳥や、植物の展示に見入ってしまいました。

改めて知ったことは、ウグイスの小さいこと。

スズメと同じくらい小さい剥製でした。

ウグイスって小さいのですね。

御宿の月の砂漠公園

近くなので、御宿の月の砂漠公園にも行ってみました。

まあ、広い砂浜があるだけですね。

最後に

勝浦海中公園には以前にも行ったことがあるのですが、海中展望塔には今回初めて入ってみました。

水族館と違って、実際の海中の様子を見ることが出来るので、結構お薦めです。

自分の目で海の中を見る機会は、なかなか無いですからね。

海中展望塔のチケットは、WEB割引(10%割引)があります。
これって意味があるのでしょうか?

最初から割引した入場料にすれば良いのにと思ってしまいました。

WEB見た人だけ割引って。
うーん、どういう意図があるのだろうか?

勝浦海中公園の営業時間などの情報

住所:〒299-5242 千葉県勝浦市吉尾174
電話番号: 0470-76-2955
営業時間:9:00~17:00(受付16:30まで)年中無休(荒天の場合、閉館することもあります。)

WEBサイト:http://www.katsuura.org/

コメントを残す