2018年産はちみつ販売中

「華の蔵」(南房総市千倉)美味しいラーメンを古民家で味わう

「ラーメンが食べたいね。」ということで、久しぶりに千倉の「華の蔵」へ妻と行ってきました。

東京から鴨川へ移住してから、5,6回食べに行ったことがあるのですが、今回は4,5年ぶりの訪問です。

房州ラーメン「華の蔵」

平日のお昼1時過ぎに行ったので、空いていました。
休日は、人気店なので混んでるんですよね。

「華の蔵」は、古民家を利用した店で、田舎に行って座敷でラーメンを食べているような感覚になります。
仏壇もあるんですよ。

華の蔵

華の蔵外観

下駄箱

玄関の引き戸をガラガラと開けると下駄箱があるので、そこで靴を脱いで座敷に上がります。

「いらしゃいませ」と明るい声で迎えてくれます。

感じの良い接客は、名店の必要条件ですね。
ここでは、年配の女性が気持ちのよい接客をしてくれます。

店内も清潔でキレイです。

よく店は汚いけれど、味は美味しい。
というような店があるけど、僕は嫌だな。
清潔さも店を評価する大事なポイントです。

座敷には、大きなテーブル(8人掛け1つ、12人掛け2つ)が3つデーンと置いてあります。
大きなテーブルに、相席で座ります。

テーブルの中央には大きな花瓶が置いてあり花が活けてあるので、対面に座っているお客さんとは目を合わせずに済むよう工夫されています。(今回は、花が活けてありませんでした。)

華の蔵のメニュー

お、ランチセットがありますね。前に来た時は、無かったような。

ということで、お得なランチセットを注文。僕はBセット、妻はAセット。

らーめんは、しょうゆとしお味から選べますよ。
店主のおすすめは、しょうゆだそうです。

魚のダシを入れて良いですか?

らーめんを注文すると、魚でとったダシを入れていいかどうか聞かれます 。

いつも、はいお願いしますと答えるので、 魚のダシが入ってないらーめんは食べたことがありません。

魚のダシが入っていないらーめんは、どんな味になるんだろうか?

今日も、入れて下さいと返答。今回も、入れてくれるものは何でも入れてちょうだいという貧乏根性が邪魔しました。次回は、勇気を出して、入れないでと言ってみようかな。

華の蔵のBセット

しょうゆらーめん煮玉子入りとミニちゃーしゅー丼のセットです。

華の蔵のAセット

しょうゆらーめん煮卵入りとギョーザのセットです。

実食

持つこと10数分、しょうゆらーめんが運ばれてきました。

れんげでスープを一口。うん、美味しい。

前に食べたときより美味しく感じる。

前に食べた時は、僕にはあっさりし過ぎて物足りなかった。
今回のは、コクがあり旨味もしっかりあり、僕好みだ。
おいしいので、スープを全部飲んでしまった。

魚のダシは、カツオ、サバ、ムロアジ、ソーダカツオ、昆布から取っていると、下記で紹介しているビデオの中で店主が言っています。

ミニちゃーしゅー丼も、らーめんと一緒にいただく。

うん、甘辛のタレがいい仕事をしている。
ちゃーしゅーも柔らかくジューシーで美味しい。

あー、お腹一杯になりました。

前に来た時は、セットメニューが無かったのでらーめんだけを食べたのですが、量が少なくて物足りなかった。
けれど、このセットメニューはお腹一杯になり、値段もお得でおすすめです。

華の蔵の特製らーめんとらーめんの違いは?

メニューに特製らーめんとあるのですが、普通のらーめんとの違いは、

  • 麺の量が少し多い
  • スープの濃度が違う
  • チャーシュの質と量が違う
  • 煮玉子入り
  • 青菜が少し入っている

と店主がビデオの中で説明されています。

【日刊スポーツ記者がインタビューした動画】

最後に

10数年前に初めて行った時は、たしか喜多方ラーメンと謳っていたと思います。

華の蔵で初めて喜多方ラーメンを食べて、ほー、喜多方ラーメンってこういう感じなんだと思ったことを覚えています。

それから10数年、華の蔵のらーめんは進化を重ねているようです。
これからも、どんどん美味しくなって行くことを期待します。

また、食べに行かなくては。

あ、定休日は月曜日に変わったようですよ。

<

p style=”color: #444444; font-size: 12px;”>関連ランキング:ラーメン | 千歳駅

コメントを残す