2018年産はちみつ販売中

藤田博士の毛髪蘇生法「55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由」 藤田紘一郎 著

育毛

最近、免疫学者である藤田紘一郎先生の本を立て続けに5冊読みました。

 

腸活、スゴイ!
腸活こそが、健康に生きていくためのキーワードだと確信しました。

で、最近ボクは、腸活に勤しんでいるわけです。

藤田先生の本は、あとどんなものが有るだろうとアマゾンを見ていたら、スゴイ本を見つけてしまいました。

「55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由」

ね、この題名スゴイでしょ。

頭髪が薄いボク。

薄毛は老化現象の一つだと言われます。

これから年をとるごとにハゲて行くのは仕方がないことだとあきらめていたのですが、年をとっても頭髪は復活すると藤田先生は、書いているらしい。

ボクは、何も考えないで条件反射で購入ボタンをポチッ。

こういうとき、アマゾンは有り難いですね。
本屋では、恥ずかしくてちょっと買えません。

「55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由」藤田紘一郎著

翌日、本が届いたので早速読んでみました。

巻末に藤田先生の55歳当時の写真が載っているのですが、白黒で写真が小さいのでどの程度ハゲていたのかは、実際のところよく分かりません。

でも、現在の藤田先生の写真を見ると、髪の毛フサフサ、黒々している。

常識で考えたら、年々髪の毛は減って行くはずだから、藤田先生が実践した方法は毛髪再生には間違い無いだろう。

【目次】

  1. 「糖質制限で髪の毛がフサフサと生えてきた
  2. 腸内細菌が髪の大敵「活性酸素」を消す
  3. 性ホルモンは「枯らさず増やさず」が毛髪力の極意
  4. 髪の美容常識のウソ!みんな「毒」されている
  5. 毛髪力を蘇らせる水と食べ物たち

発毛力をよみがえらせるのに必要なのは頭皮ケアではなく、腸の健康な力であると、藤田先生は言います。

育毛のために腸を健康にする食事

腸を健康にする食事とは、以下のようなことが書かれています。

  • 白い主食は食べない
  • 揚げたものはなるべく食べない
  • 満腹になるまで食べない
  • 食物繊維を食べる
  • 発酵食品を食べる
  • 亜麻仁油、エゴマ油を常備する
  • ペットボトル飲料や缶コーヒーを飲まない
  • 加工食品を食べない

こうやって見ると、他の健康に関する本に書かれていることと一緒ですね。
でも、これらを守って生活するのは、結構たいへんです。

育毛のために生活面で気をつけること

食事以外で生活で気をつけることは、以下のようなことが書かれています。

  • 身の回りの菌を排除しない
  • 男は筋トレ、女はヨガ
  • 起床時には外に出て深呼吸する
  • 夜は真っ暗にして寝る
  • シャンプーやリンスは使わない
  • 湯シャンをする
  • シャワーヘッドにこだわる
  • 薄毛男子はモテることを知り、自信を持つ

ボクは数年前から湯シャンにしていました。
それは、この本を読んでから。

育毛のために浄水機能の付いたシャワーヘッドを使う

藤田先生の本によると、水道水の塩素も薄毛の一因であるという。

日本の水道水は、世界でいちばん塩素を含むそうです。

塩素は活性酸素を発生させる原因になります。
洗髪している間に、大事な頭皮を塩素にさらし続けることは、頭皮の健康を守ってくれている大事な皮膚常在菌を苦しめることになります。

だから、塩素をカットする浄水機能の付いたシャワーヘッドが必要なのです。

早速ボクは、浄水機能の付いたシャワーヘッドを購入。

これ、4ヶ月ほど持つのでお得。

まとめ

腸活をすれば、髪は生えてくる。

この言葉を信じて、ちょっと頑張ってみようか。

正月から酒とコーヒーを辞めたのも、追い風になるかも。

2 Comments

もっちゃん

こんにちは。
今日、伺いました者です。
ありがとうございました。またゆっくりお話ししたいです。
蜂に追われて逃げましたが刺された方が良かったのかも?(^^;)

返信する
蜂人

もっちゃんさん

お越し下さり、有難うございました。
また、お話したいですね。

返信する

コメントを残す