抗生物質不使用、安心安全なはちみつ販売中

サーフショップは教えてくれない「長持ちするウエットスーツの洗い方」

ウエットスーツ洗い方

まだ生乾きのウエットスーツを着ていたときに、「ビリッ」とヒザ下の部分が少し裂けてしまった。

あー、まだ2シーズン目なのにショック。

隣で見ていた海仲間が、「生乾きのまま着ると引っかかるんですよ。ウエットスーツはどうやって洗ってますか?」

と聞くので、「水でジャブジャブと洗って、そのあと裏返しのままハンガーに掛けて影干してます。」と言うと、

その洗い方だと、塩抜きが十分に出来ていないので、ウエットスーツが乾くのが遅くなるんですと、言われました。

塩抜きが十分に出来ていないと

  • 乾きが遅くなる
  • 生地の劣化が早くなる

彼のウエットスーツを見せてもらうと、買ってから5年目だというのにまるで新品のよう。
ゴムの部分も新品のように柔らかい。

海に入る回数は、彼は週1くらいだけど、ボクは冬は週4,5回くらい入る。

海に入る回数も関係するかもしれないけど、なるべく長持ちさせたい。

サーフショップはあまり教えてくれない

海仲間「ウエットスーツの洗い方は、サーフショップはあんまり教えてくれないんですよね」

海仲間「長持ちしすぎると、ウエットスーツが売れなくなるから」

海仲間「この方法は、ウエットスーツメーカーの人に教えてもらったんですよ」

そして、海に入る前にウエットスーツの洗い方を教えてもらいました。

ウエットスーツの洗い方

  1. 水に15分くらい浸けて塩抜きをする

    ウエットスーツが浮いてくるので、レンガを上に乗せてみました

  2. 15分経ったら、水を流しながらジャブジャブとウエットスーツを洗う
  3. 裏返しの状態でハンガーに掛け、日陰で干す

    ハンガーは、肩に当たる部分が太いものが良いです。
    ウエットスーツ用のハンガーならベストですね。
    間違っても、針金のハンガーには干さないで下さい。

    ウエットスーツ洗い方

  4. 裏の部分が7,8割乾いたら、裏返して表を出す

    ウエットスーツは、表にした状態の形で作られているので、裏返しにしたままだとゴムに無理な力が掛かってしまいます。
    そのため、ゴムが劣化したり、シワが寄ったりしてしまいます。

長期保存する時は、ウエットシャンプーなどで洗う

長期に保存するときは、上記方法で塩抜きしてから、ウエットシャンプーで洗ってハンガーにかけて保存します。

ウエットシャンプーは高いので、ボクはスーパーで売っている柔軟剤を使っています。

こちらは、アマゾンで売っているウエットスーツ専用のシャンプー。

まとめ

ウエットスーツのお手入れの基本は、塩抜きです。

塩抜きが不完全だと、生地の劣化が進んでしまいます。

ウエットスーツは高価なものですので、良いコンデションでなるべく長持ちしてもらいたいですよね。

コメントを残す