【鴨川市】石窯パン工房「そろそろ」やっぱり石窯で焼くパンは美味しい

石窯パン工房そろそろ

曽呂地区の山頂付近に今までなかった看板を確認したのが、およそ2ヶ月前。

ずっと気になっていたのですが、なかなか行く機会がありませんでした。

そろそろ行こうかなと思い、妻と石窯パン工房「そろそろ」へ行ってきました。

石窯パン工房「そろそろ」

店舗の場所

石窯パン工房「そろそろ」は、県道98号線風早交差点の近くにあります。
近くに行くと、上記の写真にあるような大きな看板が道沿いにあるので迷うことはないでしょう。

看板の横の道を入って、200mほどのところの右手に店舗が見えてきます。

店舗の前に車を止められます。

店に入りましょう

石窯パン工房「そろそろ」

石窯パン工房「そろそろ」

店内に入ると、奥のほうにある大きな石窯が目に飛び込んできます。

石窯の内寸の直径が120cmもある大きな石窯。

3ヶ月ほどかけて、店主自らが造り上げました。

石窯パン工房そろそろ

石窯の中に薪をくべて2時間ほど燃やし、石窯の中の温度を600度まで上げます。

そして、パンを次々と焼いていきます。

ホントに分厚い石窯の壁ですね。
間近で見ると、その存在感に圧倒されます。

ジャーマンポテトがちょうど焼きあがったところでした

石窯だけではなく、パン工房、販売所も、牛舎を改造して店主自らが造ったということです。

天井にある太い梁が牛舎の名残を感じさせます。

石窯パン工房「そろそろ」

工房の太い梁が見事です

そろそろのパン

石窯パン工房そろそろ

「そろそろ」のパンは、ソフト系のパンです。
だから、とても食べやすい。

パンの中はふわっとしていて、口に入れるとモチモチとした食感で、噛むほどに小麦の美味しさが感じられます。

店主にパンの原材料を聞いてみると、小麦粉はアメリカ産、天然酵母はホシノ酵母を使用。

油脂はオリーブオイル、甘みは砂糖ではなく蜂蜜を使用するというこだわり。

今日買ったパン

今回訪れたのが開店少し前の時間でした。
11月から開店時間が30分遅くなったのを知らなかったので、開店前に到着。

すでに焼きあがってお店に並んでいたパンを全種類買ってみることにしました。

このあと、食パンが焼きあがるそうです。
食パンも買いたかったなぁ。

左上から時計回りに、カンパーニュ、ブラックオリーブ、バジルチーズ、塩パン、ホワイト枝豆、レーズンクルミ、ジャーマンポテト。

石窯パン工房そろそろ

これで全部で、1540円(税込み)。

安い。
他店舗と比べると、2,3割安いんじゃないかな。

石窯パンで、この値段はお値打ちです。

石窯パン工房そろそろ

カンパーニュ(280円) 外はカリッ、中はモチモチ

石窯パン工房そろそろ

ブラックオリーブ(180円) オリーブって、パンに合うんだな

石窯パン工房そろそろ

バジルチーズ(220円) バジルソースとチーズ、美味しくないわけがない

石窯パン工房そろそろ

塩パン(140円) 塩だけでじゅうぶんうまい

石窯パン工房そろそろ

ホワイト枝豆(250円) ホワイトソースと枝豆、ホワイトソースがウマイ

石窯パン工房そろそろ

レーズンクルミ(250円) レーズンとクルミがぎっしり、お得感ありあり

石窯パン工房そろそろ

ジャーマンポテト(220円)ポテト、玉ねぎ、ベーコンがいい仕事しています

家に持って帰り、まだホカホカしているパンを家族3人で、全部平らげてしまいました。
あー、おいしかった。

ケーキも美味しい

パン以外にケーキも販売しています。

2種類のケーキを購入。

上段:バナナ・クルミ・リンゴのケーキ 下段:ブラウニー

ブラウニー、絶品。
今まで食べた中で一番かも。

カカオ感が濃厚で、しっとりとしたケーキも程よい甘さ。

これは手でちぎって食べるのではなく、ナイフで薄くスライスして食べるとより美味しい。
スライスしたケーキの断面が舌に触れると、しっとり感で幸せになります。

店主のこと

石窯パン工房そろそろの店主は、佐藤さんという方で相模原から鴨川へ移住してきました。

以前勤めていた会社を早期退職して、昨年、鴨川の農業研修を1年間受けていたそうです、
そして、そのときに研修の職員の方から、今住んでいる場所を紹介され、一目惚れ。

その後牛舎を改築して、2017年9月に石窯パン工房をスタートさせました。

佐藤さんは、現役のサーファーでもあります。
鴨川を移住先に選んだのも、鴨川は良い波が立つからだと笑って話をしてくれました。

以前の仕事はコックさん。
だから調理パンも美味しいのですね。

まとめ

佐藤さんは、この先はパンだけではなく、レストランやカフェも考えているそうです。

敷地は数千坪あるということなので、なんでも出来そうですね。
夢は広がります。

最初に来店したときは、午後2時。
そのときは、パンを1種類だけ残して売り切れていました。

もうすでにファンが付いているようですよ。
だから買いに行くときは、早めの時間がおすすめです。

運が良ければ、石窯から出てきた焼きたてアツアツのパンを食べられるかも。

石窯パン工房そろそろ

石窯パン工房そろそろの情報

住所  〒299-2857千葉県鴨川市東222
TEL  090-3699-8531
営業時間  11:00~17:00
 11:30~16:00(11月~2月)
定休日  月・火・金
  日曜は、ピザのみ販売(持ち帰りのみ)
Pocket

コメントを残す