天然はちみつの蜂人舎はコチラ

軽トラ スズキキャリー ラジオ交換方法

軽トラのラジオが聞こえなくなりました。

山で仕事をしているときは、ずーとラジオを付けています。
軽トラで移動中も聞いているなあ。

ラジオが無いと、寂しい。

行きつけの車屋さんに行って聞いてみました。

「カーラジオを交換して欲しいのですが、いくら位掛かりますか?」
「新品だと2万円くらい掛かりますよ。」

うーん、結構高いなあ。

ということで、中古品を手に入れて自分で交換することにしました。

ヤフーオークションでカーラジオを手に入れる

スズキキャリーカーラジオ

左が壊れたカーラジオ、右が新しく購入したもの

ヤフーオークションで、新品を1800円で購入しました。

新車に別のカーオーディオを付けるので取り外したということで未使用品。

車屋さん経由で新品ラジオを購入すると18000円くらい掛かると言われたので、およそ十分の一くらいの値段。嬉しい。

しかもFMも受信できます。

前のカーラジオは、AMのみ。
今度は、AM・FM付きのカーラジオを購入したのです。

カプラ(コネクター)のピン数が違うので注意

平成17,8年くらいからキャリーのラジオに接続するカプラのピン数が変更になったようです。

12ピンから20ピンに変更されたのでした。

僕の軽トラ(車両型式DA63T)では、ラジオに接続するカプラは、12ピン。

でも、購入したAM・FMラジオのピン数は20ピン。

だから新しいラジオを接続するには、12ピンから20ピンに変換する必要があります。

ググッてみると、コネクターを外してケーブルの先にギボシ端子を付ける方法がありました。

でもギボシ端子を付けて加工するのは面倒。

他の方法を探すと、12ピンから20ピンへの変換コネクターが売っていました。

20151030-IMG_243501

12ピンから20ピンへの変換コネクタ(1820円)

これは、便利。迷わず購入。

これもヤフーオークションで購入しました。

ヤフーオークションで「スズキ12ピン→20ピン カプラ変換ハーネス」と検索すると見つかります。

交換作業の流れ

パネルを外します

パネルは、マイナスドライバーなどで簡単に外せます。

20151030-IMG_244701

外したパネル 

20151030-IMG_244401

爪が上下にそれぞれ2箇所づつあります

20151030-IMG_243701

パネルを外した状態

配線を繋ぐ

カーラジオに配線を繋ぎます。

左から、アース線、アンテナ線、電源。

20151030-IMG_244101

配線は、全部で3本

20151030-IMG_245401

新しいカーラジオに繋ぐ

完成

カーラジオをネジで固定して、パネルをはめれば完成です。

20151030-IMG_245501

パネルを付けて、完成

車のキーをまわすと、ラジオから音が流れてきました。

やったー、大成功。

アンテナ線は、AM、FM共用です。
FMラジオも聞くことができました。

まとめ

業者に頼んだら2万円掛かるところを、4000円(送料込み)くらいで新品のカーラジオに交換できました。

やってみると、ものすごく簡単。

少し調べてみると、自分でも出来るものですね。インターネットの情報に感謝です。

これを↓読んだら、軽トラでキャンプに行きたくなりました。

【軽トラ関連記事】

軽トラ山道のアイスバーンであわや転落事故、デフロックが付いていて良かった

軽トラ海辺の道で脱輪 ジャッキアップして何とか脱出

6 Comments

信州爆乳王

参考になったのでござりまする。
おかげで私も軽トラでFMが聴けるようになったのでござりまする。涙
ありがとうござりました。

返信する
蜂人

信州爆乳王さん
コメント有難うございます!

お役に立てて、嬉しいです。FMが聴けるようになって、良かったですね。

このブログ記事は、軽トラのラジオを交換した時に、取りあえずブログ記事にアップしただけの記事なんです。
この記事を読む人は、あまりいないだろうなと思ったのですが・・・。

でも、ビックリ!
今では、ブログでの人気記事になっているのです。
なにが人気になるか分からないですね。

返信する

コメントを残す