考えたこと

台風15号(2019年9月)こんなすごい風は初めてだお

2019年9月19日

「ここに90年以上住んでるけど、こんなにもすごい風は初めてだお」
近所に住む90歳を超える男性は、そう話しかけてきた。

会う人、会う人、「ここに生まれて、こんなのは初めてだよぉ」と口をそろえる。

2019年9月8日深夜に房総半島を襲った台風15号は、観測史上いちばんの風速を関東各地で記録した。

台風発生当時はコンパクトな台風に見え、たいした被害はないとボクは思っていたのだが、こんなにも被害が出るとは。

「千葉県南部は、日本で一番住みやすいところだよ」
東京から鴨川へ移住してきてから、土地の人から幾度も聞いた言葉だ。

海、山からの恵みが豊富で、何より自然災害が少ないというのが、その理由である。

毎年のように被害がある九州地方に比べると、実際に千葉県は自然災害がほとんどない。

でも、これからは違ってくるかもしれない。

今回のような暴力的な台風がしばしば来るようなことになったら・・・。

「房州人は、あばらが1本足りない」などとは、もう言っていられない。

台風15号の被害

台風の風は夜が深まるにつれ、どんどん強くなってきた。

たまに吹く突風の「ゴォー」という音とともに、家が揺れる。怖い。

深夜の2時ころ、突然電気が消える。停電だ。

真っ暗な家の中で、台風の強風におびえながら朝を迎える。

自宅の状況

やっと、外が明るくなってくる。

心配をしながら家の外に出て、まず家が無事かどうかの確認をする。

家の前の杉の木が倒れて、家のフェンスが壊れていた。
あと、テレビアンテナが全壊。

そして、家の周りをぐるっとチェックしたが、建物の損傷はないようだ。
とりあえず、ほっと一安心。

後日、瓦が1枚割れているのを発見。

街の状況

つぎは、仕事場の安否を確認するために軽トラを走らせる。

ボクの仕事は、養蜂業。
蜂蜜を生産して、販売している。

まずは、隣町の蜂場へ。

停電しているので、道路の信号は消えている。
交差点は、慎重に走らなければ。

軽トラで道を走っていると、今回の台風のスゴさがだんだんと分かってきた。
今までの台風とは、桁違いの被害だ。

屋根がすべて飛んでいってしまった家、瓦がバラバラと落ちている家、建物自体が崩れているものなどなど。

屋根がすべて飛んでいってしまった。後日、建物は取り壊されるていた。

2019年台風15号の被害

半壊した建物

2019年台風15号の被害

倒壊した牛乳収集小屋

2019年台風15号の被害

折れた電柱

2019年台風15号の被害

瓦が落ちた建物

蜂場の被害

隣町の蜂場へ到着。

ああ、ほとんどの蜂箱が倒れている。

蓋は飛んでいき、巣脾はあたりに散乱している。

巣に挟まれて死んでいるミツバチ、大雨で凍死して黒く変色しているミツバチ。

倒れた巣箱のまわりでは、ミツバチが心配そうに「ぶんぶん」飛んでいる。

こんなことは、養蜂人生16年で初めてのことだ。

とりあえず、倒れた巣箱を起こす。

女王蜂が死んでいなければ良いのだが。

女王蜂が死んでいなければ、蜂群復活の可能性がある。

別の蜂場へ移動

別の蜂場へ行くと、クリの太い木が倒れて巣箱に直撃している。

動かそうとしても、ぶっとい木なので、びくともしない。

のこぎりでクリの木を切断して、巣箱を救出する。

他の巣箱は半分くらい倒れていた。

とりあえず、巣箱を起こして元通りにする。

母の家の補修

近くに住む母の家は、瓦が飛んでしまった。

翌日に知り合いの大工さんに修理をお願いしたら、30人待ちだと言う。

修理を待つ間に雨漏りを防ぐために、屋根にブルーシートを掛けなければならない。

状況を聞いて、週末に弟2人が名古屋、浦安から来てくれた。

そして、兄弟3人で屋根にブルーシートを掛ける。

1階と2階の2箇所に掛けた。

素人がやったにしては、なかなかの出来栄えではないだろうか。

修理が終わるまで、大風でブルーシートが飛ばないことを祈るのみだ。

2019年台風15号の被害

車庫の波板も壊れてしまった

自衛隊も出動

台風が過ぎてから4,5日すると、自衛隊がやってきた。

国道で自衛隊の車とよくすれ違う。

2019年台風15号の被害

近所の道の駅には、自衛隊の仮設風呂が設置された

その他の被害や出来事

ガソリン不足

最初の数日間は、停電でガソリンスタンドが開いていなくて大変だった。

やっと開いているところを見つけて、軽トラにガソリンを入れてもらう。(1台10リットルだけの制限販売)

ここは、手回しでガソリンを補給できるので、停電でも大丈夫だったのだ。

仕事場も被災する

隣町(鴨川市)の仕事場も被災。

  • 屋根の瓦が飛ぶ
  • 玄関が壊れる
  • 部屋の障子のガラスが割れる
  • テラスがひっくり返る
  • 台所の雨漏り
  • 倉庫の屋根が壊れる

ミツバチの世話は休めないので、少しずつ補修していくしかないなぁ。

蜂場へ続く道の倒木

蜂場へ続く山道では3箇所の倒木があり、軽トラでは行けないので歩いていかなければならなかった。

こちらの記事も読まれています

-考えたこと

Copyright© かんろぐ , 2019 All Rights Reserved.