家電

シャープのヘルシオ おいしくてヘルシーな料理が簡単にできる

シャープのヘルシオ、買って良かった!

ここ数年間の買い物で、ベストワン決定である。

ヘルシオは調理家電にしては高額(10万円弱)なので、購入するのにちょっと躊躇したけど、思い切って買ってホントに良かった。

もう、これなしでは暮らして行けないくらいハマっていて、毎日のように使っている。

トースト、厚焼き卵、蒸し野菜、あたためなどなど、ヘルシオを使うと、簡単でウマウマなのである。

ガスレンジで調理をすることが、極端に減った。お湯を沸かすくらいかな。

ヘルシオ以上の画期的な調理器具が出てこなかったら、もう、たぶん、一生ヘルシオを使い続けるだろうな。

電気調理器で美味しい料理はできないと思っていた

ボクは料理研究家の丸元淑生さんが好きで、いままで彼の本を参考にして調理をしてきた。

彼は東大仏文科卒だからなのか、料理について書かれた本が文学的で、そこがまた新鮮で、文章を読むだけでも面白い。

丸元さんの調理法を実行するには無水鍋が必須なので、思い切って20数万円のローンを組んでステンレス製の無水鍋セットを購入した。
25歳ころだったかな。

「一生使える鍋を手に入れた、もう鍋を購入する必要は無いな」と、そのころは思ったものだ。

無水鍋を使って、火加減、調理時間を調節して、なるべく栄養素を逃さない調理を30年以上してきた。

「電気調理器具なんかで、おいしい料理は作れないでしょ」

「やっぱり、ガスの火加減を調節して、長年培った調理技術が必要でしょ」

と、ずっと思っていた。

しかし、そんなことはなかった。

電気調理器具であるヘルシオは、スゴかったのである。

ヘルシオを購入した理由

ヘルシオレシピ

それでは、なんでヘルシオを購入したのか?

それは、母の目が不自由になったから。
(少し前に、同じ理由でホットクックも購入している。)

ヘルシオのおまかせ機能を使えば、目が不自由な母親自身で料理をできるのではないか、あとボクが料理を作ってあげるのに便利ではないかと思った。

最初に、自宅用に買うことは、絶対無かったと思う。

さて、母親宅でヘルシオで料理をするうちに、どんどんヘルシオのスゴさに気づいていった。コイツ、なかなか使えるなと、料理をするのがだんだん楽しくなってきた。

食わず嫌いは、良くないね。調理器具も、どんどん進化しているんだね。

ヘルシオの良いところ

では、ヘルシオには良いところがたくさんあるのだが、主なものをあげてみよう。

  • 自動調理なので、時間を有効利用
  • 過熱水蒸気で調理するから、おいしくてヘルシー
  • まかせて調理がスゴイ

自動調理なので、時間を有効利用

従来の調理は、付きっきりで火加減や食品の状態を管理しなくてはいけない。

でもヘルシオは、スイッチポンするだけで料理ができるので、調理をしている間に他の用事をすることができる。

掃除をしたり、洗濯をしたり、スマホでネットをすることも可能だ。

過熱水蒸気で調理するから、おいしくてヘルシー

ヘルシオは、過熱水蒸気で調理をするので、食品が空気に触れるのが少なくなるので酸化しづらくなる。

だから、おいしい料理ができる。酸化は、味を落とす原因だ。

水蒸気でお肌しっとり保湿というように、食べ物の表面も水分でベタベタしそうに想像してしまうが、あら不思議、出来上がりはカリッ、パリッと、しかも焦げ目まで付いてしまう。

最終的に水蒸気を300度近くまで加熱するから、ベタつかないで調理することができる。

また、次のような効果もある。

  • 脱油
  • 減塩
  • 栄養素キープ

まかせて調理がスゴイ

なにがスゴイかって、まかせて調理だとスイッチポンするだけで、めちゃくちゃ美味しくてヘルシーな料理を作ってくれるのだ。

また、冷凍、冷蔵、常温の食品をいっしょに入れても、センサーが検知して、同時に調理をしてくれる。なんて、賢いのだろう。

いままで作った料理を少し紹介

ヘルシオを購入して半年以上過ぎたが、毎日のように使っている。

いままで作った料理を少し紹介。

ドライフード

ドライフードは作るのが難しいのでいままで敬遠していたのだが、ヘルシオなら簡単にできる。

立て続けに、トマト、キウイ、バナナ、イチジクを作ってみた。

ドライフルーツ(トマト)

トマトとキウイ

キウイが、メチャメチャ美味しい。新発見。

ドライトマトのオリーブオイル漬け

ドライトマトは、オリーブオイル漬けにして保存。

ピザ、カルパッチョ、サラダなどに入れて楽しんでいる。

バナナ

バナナはイマイチだった。

バナナチップみたいになるかと思ったが、そうはならず、苦味が気になる出来上がりになった。

イチジク

イチジクは、切り方を失敗。もう少し大きく切ればよかった。4つ切りくらいがちょうど良いと思う。

でも、味は売っているドライイチジクと同じでおいしい。

売っているのは高いからね、また作ろう。

ローストビーフ

ローストビーフは火加減が難しいけれど、ヘルシオなら、中がミディアムレアくらいのちょうど良い感じでできあがった。

ビーフジャーキー

ビーフジャーキー

かなり薄いビーフジャーキーになってしまった。もう少し厚い肉にすれば良かった。

でも、味は良い。ペットのワンコは大喜び。

ローストポーク

ローストポークも、スイッチポンで簡単、簡単。

唐揚げ

ヘルシオレシピ

鶏と豚バラの唐揚げ

油で揚げなくても、おいしい唐揚げができる。

ビーフステーキ

あぶり調理というモードを使うと、絶品ビーフステーキのできあがり。

ツナトーストと目玉焼き

ツナトーストと目玉焼きも、同時に調理できる。

朝の忙しいときには、ありがたい。

ヘルシオの1段調理と2段調理の違い

ヘルシオには、1段調理と2段調理できる機種がある。

母のところは1段調理、ボクのところには2段調理できる機種を購入した。

上下2段で、2倍量の調理ができるかと思ったのだが、実際は違う。上下段使用するときは、下段では蒸し料理やあたためしかできない。

結論から言うと、1段調理でも十分使える。

まとめ

キッチンのヘルシオとホットクック

もうヘルシオとホットクック無しでは生きていけない身体になってしまった。

人間、便利を知ってしまうと、もう戻れない。

しかも、よりおいしく、よりヘルシーな料理ができるのだから、戻る理由が無い。

これからも、いままで作ってきた料理をヘルシオ、ホットクックで、どう作れるか研究してみたい。

こちらの記事も読まれています

-家電

Copyright© かんろぐ , 2019 All Rights Reserved.