釣行記録

マゴチを釣って食べる

昨年は、サーフにヒラメ、マゴチ狙いで出かけることが多かった。

でも今年はまだ一度もサーフへ釣りに行っていないので、バイクに釣り道具、みるく(飼い犬)を乗せて家の前の海へ行ってきた。

天気も良く暖かく、気持ちが良くて、まさに釣りするには絶好の日。

釣り人は、はるか遠くに2人だけ、昨年はあんなに賑わったサーフも今は静かになっている。

マゴチを釣る

みるくは、ひとりでどこかに行かないように、15mの長さがあるリードにつないでおく。

長いリードなので、喜んで走り回ると思っていたけど、予想通りにはならず、ゆっくりと歩き回るだけ。

たぶん、リードが重いので自由に動けないのかも。
もっと軽いリードが欲しいなぁ。

さあ準備完了、釣りの開始だ。

今日は釣れなくても良いかなと思いながら、竿を振りルアーを投げる。

青空の下で、竿を振るだけで気持ちが良い。

そんなことを思っていたら、数投目でガツンとアタリがあったので、竿を少し強めに持ち上げて合わせる。

すると、グイグイと竿先が曲がっていく。

やった、掛かった。

この瞬間を感じたくて、何回も何回も海に通ってしまうんだよな。

厳冬期の貴重なヒットをバラしたくないので、慎重に慎重にリールを巻いていく。

砂浜に打ち寄せる波の力を利用して引き上げると、マゴチだった。

ヒットルアーは、エコギアの3Dジグヘッド14gにパワーシャッドを付けたもの。

ワームカラーは、常磐プレシャスオレンジ。

みるくが早速近づいてきた。

鼻を近づけて、クンクンとニオイを嗅いでいる。

32cmくらいの大きさ。
小さいので、写真を撮ってからリリースした。

去年は48cmのマゴチを釣った

去年には48cmのマゴチを釣って家に持ち帰り、おいしく頂いた。

熟成させると美味しくなると釣り人に聞いたので、刺身は初日、2日目、3日目と味わってみる。

確かに、日が経つにつれ、身が柔らかくなり旨味が増した。

でも、初日のコリッとした歯ごたえのある刺身も捨てがたい。

家族のものは、初日がいちばん美味しいと言っていた。

そして絶品は、皮の素揚げだった。

マゴチの皮下に付いているプリプリしたところと皮の、もちもち、カリカリしたハーモニーと、口の中にジワーッと広がる塩味の付いた旨味がたまらない。

もちろん、マゴチの唐揚げは安定した美味しさだった。

マゴチの刺身

マゴチの刺身

マゴチの唐揚げ

マゴチの唐揚げ

マゴチの皮の素揚げ

マゴチの皮の素揚げ

マゴチの骨せんべい

マゴチの骨せんべい

マゴチのおろし方、調理方法は、丸元淑生さんの以下の本を参照した。

丸元さんは、ボクが大好きな料理研究家です。

ほぼすべての本を持っていて、手元においてたびたび参考にしている。

いまは、丸元さんのレシピをホットクック、ヘルシオに応用できないかと研究中である。

こちらの記事も読まれています

-釣行記録

© 2021 かんろぐ