釣行記録

ウツボを釣る

以前、堤防でサバの切り身をエサにして根魚を狙っていたときに、ウツボが釣れた。

ウツボは、美味しいと聞いていたので家に持ち帰り食べてみることにした。

すると、いままで食べた魚でいちばんウマかったのである。

ぜひもう一度食べたいと思い、ボクのウツボ釣りチャレンジは始まったのだった。

手始めに簡単な装備でウツボ釣りを試してみる

まずは試しに、手持ちのタックルでウツボ釣りをしてみることにした。

タックルが非力で釣り上げられないこともあるかもしれないけど、ダメ元でやってみる。

タックル

ロッド:ニューボートテトラ7-110

リール:2000番

ライン:ナイロン3号

オモリ:8号~10号

針:オフセットフック#1/0

向かった先は、南房総市の某漁港堤防にあるテトラ。

そこで、穴釣りでウツボを狙うことにした。

ナイロン糸にスナップを付けて、そこにオモリ、フックを付けた直リグという仕掛けに、エサはサバの切り身を付けた。

テトラの隙間にエサを落としてから、まずは底を取り、トントンとオモリを上下させる。

しばらくそのままで待っていると、クンクンと竿先が引き込まれるアタリがある。

すぐに合わせると、針がかりしないので、もう少し待つ。

グングンと強く竿先が引き込まれたら、強く合わせを入れる。

すると、竿がギュイーンと曲がり重たい手応えがある。

ウツボだ。

重くてなかなか上がってこない。

竿を両手でしっかり握り、しばらく引きに耐えていると、ブチッと音がして糸が切れた。

その後、同じようなことが3度続いた。

その日は、ウツボを釣り上げることはできなかった。

ナイロン3号では、どうやらダメらしい。

テトラの上で釣りをするときは、スパイクシューズを履いている。

スパイクシューズを履かないと、足が滑ってしまって、たいへん危ない。

以下の商品は他商品と比べると安価だけど、使ってみて十分な働きをしてくれているので買って良かった。

ロープとワイヤーハリスを使ってみる

発想を転換して、釣り糸を太くするのでは無く細いロープに変えて、その先にワイヤーハリスを結ぶことにした。

ワイヤーハリスは、こちらを購入。

最初、ロープを手に持って釣りをしたらウツボは釣れたんだけど、なんか釣りをしている楽しさが半減した。(このウツボは、ぶら下げていたら針が折れて、逃げられた)

竿先がクイクイ、グングンと引き込まれる、あの感覚が面白いんだよね、釣りは。

だから、直径2mmのロープを竿のガイドに通してみたら通ったので、それでやってみることにした。

70cmのウツボが釣れた。

ウツボが針に掛かったら、竿先から出ているロープを手に持って、ウツボを引き上げる。

竿だと全然上がらないのだけど、手に持って上げるとヒョイと簡単に持ち上げられる。

だけど、その後、針が伸びたり、ワイヤーハリスのスナップが壊れたりして、2匹バラした。

まだ、もう少しの改良が必要なようだ。

ウツボ仕掛け、とりあえずの完成形ができた

ウツボ釣りタックル

ロッド:ニューボートテトラ7-110

ライン:直径2mmのロープ

ハリス:ワイヤーハリス

スプリットリング 60LB

ローリングスイベル 1/0号

オモリ:8号~10号

針:オフセットフック#5/0

エサ:サバの切身

ワイヤーハリス下部のスナップが壊れるので、それを除いてスプリットリング、ローリングスイベルを付ける。

昨日2匹バラした場所へ行く。

1投目から、デカイのが釣れた。

2投目で、またまたデカイのが釣れた、入れ食いだ。

ウツボ

上90cm、下83cmのウツボ

家のまな板には、ウツボが長くて乗らないので、倉庫にあった板の上に置いて調理をする。

開いたのを、明日干す予定。

こちらの記事も読まれています

-釣行記録