天然はちみつの蜂人舎はコチラ

穂紫蘇の加工、塩漬けと麺つゆ漬け

紫蘇は1度植えれば、こぼれ種で毎年毎年育ってくれるので有り難い野菜です。

不耕起栽培で畑をやっていると、年々土が豊かになっていくので野菜つくりが段々と易しくなっていきます。またこぼれ種で育つ野菜もあるので有り難い。

家の畑では、紫蘇、エゴマ、ニラ、ハーブ類、ワケギ、のらぼう菜などが種を蒔かなくても、毎年勝手に生えてくれるので、とても重宝しています。

春、秋に畝をリセットするやり方では、こうはいきません。労力も大変。家庭菜園に向いているのは、不耕起栽培でしょう。なるべく省エネで、安心安全な野菜つくりが出来ます。

不耕起栽培をする上で、僕が参考にしている本は以下の2冊です。

穂紫蘇を収穫して加工

紫蘇

今年もたくさんの紫蘇が育ちました。

穂紫蘇を収穫して、洗ってザルに並べて乾燥させました。今回は、塩漬けと麺つゆ漬けを作りました。

参考にしたレシピは、クックパッドの以下のページです。

青じその実(穂じそ)の塩漬け by 土佐市のぽち [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが250万品

シソの実漬け by 女将ちゃん [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが250万品


料理のレシピを調べるのが、本当に簡単になりましたね。

昔は料理書を何冊も揃えておいて、台所に本棚を作って並べていました。今は作りたい料理をネットで検索すると、いろいろなレシピを参考に出来るので、本当に便利。

コメントを残す